メニューを開く
検索エリア

「エンタメ×5G」で渋谷が進化 食べログの飲食店情報がARで浮遊、趣向に合わせてルート提案する実証を実施

このページを印刷する

~「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」で渋谷が回遊される街へ~

  • KDDI株式会社

2019年9月12日

KDDIは、株式会社デジタルガレージ (本社: 東京都渋谷区、代表取締役 兼社長執行役員グループCEO: 林 郁) との戦略的提携の一環として2018年より参画したオープンイノベーション型研究開発組織「DG (ディージー) Lab (該当項目へジャンプします注1)」と共同で、第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) 時代を見据え、2019年9月21日にARとVisual Positioning Service (以下 VPS) (該当項目へジャンプします注2) 技術を活用し、デジタル情報を持った「バーチャルな渋谷」を「現実の渋谷」に重ね合わせる「デジタルトランスフォーメーション (DX)」の実証実験 (以下 本実証実験) を実施します。

本実証実験では、専用アプリを搭載したスマホを渋谷の街にかざすと、「バーチャルな渋谷」が現実の街の風景に重なってARで表示され、空中を浮遊するさまざまなオブジェクトがスクランブル交差点をデジタルで賑やかに彩ります。また、株式会社カカクコム (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 畑 彰之介、以下: カカクコム) が運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」に掲載されている飲食店情報がARで実際の場所に合わせて表示されることにより、現在地周辺の飲食店を直感的に検索することが可能となります。

<渋谷の上空を見上げると現れる天気情報>

<食べログの飲食店情報>

<渋谷駅上に現れる電車の遅延情報>

<縦横無尽に泳ぐ魚のオブジェクト>

また、アプリには個人の趣向に合わせてルートを提案してくれるナビゲーション機能 (以下 本機能) も搭載しており、最終到着時間や各地での所要時間を考慮しその時の気分に合わせて自動でルートが提示されます。本機能により、渋谷の新たな一面を発見し、能動的にスクランブル交差点のその先を回遊したくなる仕組みづくりを目指します。

<「たくさん歩いて健康に」をテーマにルートを設定 ルートナビゲーション機能>

なお、本実証実験はKDDIが、一般財団法人渋谷区観光協会 (所在地: 東京都渋谷区、代表理事: 金山 淳吾、以下 渋谷区観光協会)、一般社団法人渋谷未来デザイン (所在地: 東京都渋谷区、代表理事: 小泉 秀樹、以下 渋谷未来デザイン) とともに「渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートする」をテーマに、渋谷の魅力を発見・発信する「渋谷エンターテック推進プロジェクト (以下 本プロジェクト)」の一環となります。

新規ウィンドウが開きます渋谷エンタメテック推進プロジェクト

渋谷エンタメテック推進プロジェクト

今後、本プロジェクトは2020年1月以降、渋谷の一部 (該当項目へジャンプします注3) を順次5Gエリア化し、5Gを活用した取り組みを実施していくほか、渋谷で行われるさまざまなイベントを活用し、新たなビジネスモデルの創出を行い、渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートしていきます。

  • 注1)
    DG Labについて: DGとカカクコム、クレディセゾン、KDDIが共同で運営するオープンイノベーション型研究開発組織。詳細は新規ウィンドウが開きますこちらをご参照ください。
  • 注2)
    VPSについて: VPS (Visual Positioning Service) は、従来のGPS (Global Positioning System、全地球測位システム) の発展系と位置付けられ、3Dマップと、スマートフォンなどに搭載されたカメラ越しの画像とを照合し、向きや方位を含む高精度な位置情報を特定する技術です。
  • 注3)
    渋谷駅を中心に主要な建物や通りを予定しています。
  • 会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。