メニューを開く
検索エリア

スマホで遠隔セルフィー KDDIとカシオが"映える"撮影サービスの実証実験を実施

このページを印刷する

~ハウステンボスなど人気の観光地で最高の瞬間を撮影~

  • KDDI株式会社

2019年9月5日

KDDI株式会社、カシオ計算機株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 樫尾 和宏、以下 カシオ) は、自分では撮影することができない視点や、プロ仕様の構図での特別な写真・映像を気軽に撮影することができる、遠隔セルフィーが可能なカメラシェアリングサービス「マチカメ」(以下、本サービス) の実証実験 (以下、本実証実験) を観光地や地方都市での活用施策の検討として「ハウステンボス」(所在地: 長崎県佐世保市) にて、2019年9月7日から2019年10月31日までのイベント期間中に共同で実施します。

イベント期間中は、ハウステンボス内のアムステルダム広場や、フラワーロードをふくめた写真映えする人気スポット複数カ所に設置したカメラをお客さまに無料でご利用いただけます。

<「マチカメ」撮影イメージ>

本サービスはクラウドに接続された固定カメラをWEBアプリから遠隔操作できる撮影システムです。本実証実験では、お客さまはご自身のスマートフォンから撮影スポットに設置したQRコードを読み取り、写真映えする場所に設置した固定カメラにアクセスすることで、自分では撮影することができない視点から遠隔で撮影することが可能です。また、アプリをダウンロードすることなく利用いただけるため、簡単にプロ仕様の高画質な写真や迫力のある映像を撮影することが可能です。

本実証実験では、通信環境や通信機器の提供、サービスの運用サポートなどをKDDIが担当し、クラウドを使った撮影システムやWEBアプリの開発、カメラの撮影ノウハウの提供などをカシオが担当します。今後は、両社が提供する協業サービスとして、話題喚起で集客を図る観光地やテーマパークといった事業者に向けて事業化を目指します。将来的には、第5世代移動通信システム「5G」を活用した、高解像度な動画撮影など、今まで体験したことのない新しい映像の価値提供によってサービスの拡張を検討します。

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、社会課題の解決に貢献し、新しい体験価値を創造していきます。


<別紙>

■サービス概要

1. 概要

「マチカメ」は自分では撮影することができない視点や、プロ仕様の構図での特別な写真・映像を気軽に撮影することができる、遠隔セルフィーが可能なカメラシェアリングサービスです。

2. 利用方法

ご自身のスマートフォンから撮影スポットに設置したQRコードを読み取り、写真映えする場所に設置した固定カメラにサーバー経由でアクセスすることで、自分では撮影することができない視点から遠隔で撮影することができます。

[1] スマートフォンでQRコードを読み取る

[2] 「マチカメ」のWEBサイトにアクセスし、カメラ撮影ボタンを押下

[3] カメラの前でポーズ

[4] 長押しで写真をダウンロード

3. 実証実験について

  • (1)
    目的
    ハウステンボス内のアムステルダム広場をふくめた写真映えする人気スポット複数カ所にカメラを設置し、お客さまに無料で提供することによってサービスに対する受容性などを調査します。
  • (2)
    実験システムの構成
    実験システムは、通信機能を備えた設置型カメラ・クラウドサーバー・Webアプリ・QRコードから構成しています。お客さまがご自身のスマートフォンでQRコードを読み取るとWebアプリが起動し、サーバー経由で設置型カメラに接続します。お客さまのスマートフォンから設置型カメラのシャッターを切ることができ、撮れた写真はサーバー経由でご自身のスマートフォンにダウンロードできる仕組みです。

4. 利用料金

無料 (該当項目へジャンプします)

5. 各社の役割

  • KDDI
    通信環境や通信機器の提供、サービスの運用サポートなど
  • カシオ
    クラウドを使った撮影システムやWEBアプリの開発、カメラの撮影ノウハウの提供など
  • 注)
    2019年9月7日から2019年10月31日までのイベント期間中

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。