メニューを開く
検索エリア

2019年度 総務省の5G総合実証試験を推進

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2019年8月16日

KDDIは、高速・大容量、低遅延、多接続が可能となる第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) の実現に向け、総務省の5G総合実証試験 (該当項目へジャンプします) において、2019年度も、さまざまな場所・環境での多岐にわたるユースケースを想定した実証試験プロジェクトを推進し、5G技術の有用性の検証を行います。

総務省の主導により開始される5G総合実証試験において、KDDIは、以下の2件において、5G実証試験を推進していきます。
なお、実証試験においては、さまざまなパートナーと共同で、各種ユースケースの実現のために5Gに求められる機能や性能および社会への受容性などの評価に取り組んでいきます。

  • [1]

    「複数基地局、複数端末の環境下で都市又は郊外において端末からの上り平均300Mbpsを超える超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」の請負者として5G実証試験を実施する予定で、以下のパートナーが含まれます。

    案件概要パートナー実施場所 (予定)
    ICT施工 統合施工管理システムへの応用を想定する検討・評価 大林組、NEC 三重県伊賀市
    スポーツエンターテインメント ニュースポーツ「スラックライン」大会の活性化への応用を想定する検討・評価 Goolight、アソビズム、スラックライン推進機構、小布施町 長野県上高井郡小布施町
    スマートツーリズム 高精細360度VR映像を用いた観光業促進への応用を想定する検討・評価 東海大学、エア・カメラ、Agrid、南阿蘇村 熊本県阿蘇郡南阿蘇村
    山岳登山者見守り 山岳登山者見守りシステムにおける登山者発見・空間共有への応用を想定する検討・評価 信州大学、駒ヶ根市、中央アルプス観光 長野県駒ヶ根市
  • [2]

    「屋内において端末からの上り平均300Mbpsを超える超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」の請負者である株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) に協力して5G実証試験を実施する予定です。

    案件概要パートナー実施場所 (予定)
    スマート酪農 畜産への応用を想定する検討・評価 宮崎大学、上士幌町、とかち村上牧場、早稲田大学 北海道上士幌町
    競走馬の育成モニタ 軽種馬育成への応用を想定する検討・評価 シャープ、東京大学、新冠町、日高軽種馬共同育成公社 北海道新冠町
    スポーツ観戦 新しい一体感をもたらす5Gスポーツ観戦への応用を想定する検討・評価 ジュピターテレコム、データスタジアム、Knows、テクタイト 大阪府東大阪市

KDDIは「通信とライフデザインの融合」を推進し、社会とともに持続的な成長と発展する未来に向けて、5Gをはじめとする最先端のテクノロジーを活用し、パートナー企業、自治体、大学や研究機関とともに、5G時代の新しい体験価値を創造していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。