メニューを開く
検索エリア

KDDI Open Innovation Fund 3号、マイクロモビリティシェアリングサービスベンチャーNeutron Holdings (Lime) に出資

このページを印刷する

~スマートシティを支える電動キックボードによるシェアリングサービスの実現に向け~

  • KDDI株式会社

2019年8月9日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、モビリティ領域の拡大を見据え、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社、以下 KOIF3号) を通じて、電動キックボードを中心としたマイクロモビリティシェアリング事業を展開するNeutron Holdings, Inc. (本社: 米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO: Brad Bao、以下 Lime) に出資しました。
あわせて、Fukuoka Smart East推進コンソーシアム (九州大学、UR 都市機構、福岡市、福岡地域戦略推進協議会) が主催するFukuoka Smart EastプロジェクトにKDDI、Lime、株式会社デジタルガレージ (本社: 東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO: 林 郁、以下 DG) の3社で参画し、2019年9月7日から9月8日の2日間、福岡市内にて電動キックボードを用いたシェアリングサービスの実証実験を実施します。

昨今、住民や旅行者向けの交通手段の確保など、地域社会が抱える人の移動に関する課題解決において、さまざまな産業や自治体がモビリティ領域の高度化に取り組んでいます。
KDDIは、これら地域社会が抱える課題の解決に向け、MaaSやシェアリングサービスなどモビリティ領域の拡大に取り組んでいきます。また、Fukuoka Smart Eastプロジェクトへの参画を通じて、本格的なスマートシティの実現に向け、Limeと共同で電動キックボードの一般公道における走行を想定し、安全・便利な乗車について検証します。
さらに、ビッグデータを活用した人の移動に関する課題解決に加えて、KDDIが提供するさまざまなサービスとの連携した都市における新しい生活体験を検討していきます。

なお、Fukuoka Smart Eastプロジェクトは、まちづくりのさまざまな課題を解決しながら持続的に発展していくため、最先端の技術革新の導入などによる、快適で質の高いライフスタイルと都市空間を創出し、未来に誇れるモデル都市を創造していくものです。KDDIはLimeおよびDGと共に、ラストワンマイルへの次世代モビリティの提供をはじめとした新たな体験価値の創造において、本プロジェクトを推進していきます。

■Limeの概要

  • (1)
    社名: Neutron Holdings, Inc.
  • (2)
    本社: 米国カリフォルニア州サンフランシスコ
  • (3)
    設立年月日: 2017年01月
  • (4)
    事業内容: 電動キックボードなどのマイクロモビリティシェアリングサービス「Lime」の運営および専用マイクロモビリティ車両の開発・生産
  • (5)
    代表者: Brad Bao (ブラッド バオ)

Fukuoka Smart Eastプロジェクトを通じて目指す姿

p_index_02.jpg

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、有望なスタートアップ企業への出資を通じたビジネス共創を促進し、新しい体験価値を創造していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。