メニューを開く
検索エリア

モバイルネットワークの最適化にAIを導入

このページを印刷する

~au携帯電話の通信品質のさらなる向上を実現~

  • KDDI株式会社

2019年6月26日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、エリクソン・ジャパン株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 野崎 哲、マイケル・エリクソン) と共同で通信品質のさらなる向上を目的としたAIを活用したネットワーク最適化の手法を開発し、全国のau基地局の運用に導入します。

<AIを活用したネットワーク最適化手法の概要>

スループットなどの通信品質は、エリア環境や利用形態により常に変動することから、通信品質の維持・向上のためには、基地局におけるトラフィックデータの収集・分析を行い、周波数が効率的に活用できているかなどを定期的に確認、調整することが不可欠です。

今回、基地局の運用にAIを活用したネットワーク最適化の手法を導入することにより、AIが自律的に各基地局から収集したデータをもとに最適なパラメーターの提案を行い、それに基づいた調整が可能となります。
これにより、これまで膨大な時間と工数をかけていたネットワーク全体のデータ収集・分析と各種パラメーターの策定が大幅に短縮することが可能となることから、基地局ごとに個別調整が容易となるため、さらなる通信品質の向上を図ることができます。

なお、上記取り組みについて、2019年6月26日から28日に中国の上海新国際博覧中心 (SNIEC) において開催される「MWC Shanghai 2019」におけるエリクソンブース内で展示します。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、社会とともに持続的な成長と発展する未来に向けて、今後も、AIを活用した自動化を促進し、お客さまにこれまで以上に快適かつ信頼性の高い通信サービスを提供していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。