メニューを開く
検索エリア

WIDEプロジェクトとKDDI、オープンソースソフトウェアを活用した最大3.2テラビットのパケット転送が可能なルーターを導入

このページを印刷する
  • WIDEプロジェクト
  • KDDI株式会社

2019年6月11日

WIDEプロジェクト(所在地:神奈川県藤沢市、代表: 江崎 浩 東京大学大学院教授、以下WIDE) (該当項目へジャンプします注1) は、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) が開発したオープンソースソフトウェア (以下 OSS) を活用したルーター (以下 本ルーター) (該当項目へジャンプします注2) を、WIDEが運用管理するネットワークに導入しました。

WIDEが運用管理するネットワークは、多種多様なマルチベンダーで構成されており、学術研究用途だけでなく一般的なインターネットのトラフィックデータが流れています。
KDDIでは、IPネットワークを構成する機器であるルーターの電力・スペース・コストの効率化やユーザーインターフェースの拡張などに取り組んでおり、このたび、実環境において本ルーターを導入し、実用性や相互接続性に関する検証を2019年6月より開始します。

また、WIDEでは、2019年1月にルーター開発に関するワーキンググループを発足しており、KDDIは主要メンバーとして高速・高品質なIPネットワーク実現に貢献しています。(該当項目へジャンプします注3)
今後もWIDEへのさらなる貢献を通じて、大容量かつ、高品質なIPネットワークの実現に貢献していきます。

【各組織の役割】

■KDDI

オープンソースソフトウェアを活用したルーターの開発

■WIDE

ネットワークの運用管理とルーター導入における要件定義


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。