メニューを開く
検索エリア

au損保の資本異動について

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

2019年5月27日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 金杉 恭三、以下 あいおいニッセイ同和損保) は、au損害保険株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長執行役員: 山田 隆章、以下 au損保) の資本異動について合意しましたので、お知らせします。
KDDIは2019年7月2日に、あいおいニッセイ同和損保が現在保有している株式の一部を取得し、au損保を連結子会社とする予定で、異動後の株式保有割合は以下のとおりです。

異動前の株式保有割合
(2019年5月27日現在)
KDDI株式会社 33.4%
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 66.6%
異動後の株式保有割合 KDDI株式会社 51.0%
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 49.0%

au損保は2010年2月にあいおい損害保険 (現・あいおいニッセイ同和損害保険) とKDDIの合弁会社として設立しました。近年、各自治体による自転車保険の加入義務化に伴い自転車安全利用等に関する協定の締結など、自転車保険の普及に取り組んでいます (該当項目へジャンプします注1)。
また、2016年4月よりKDDIと連携しauブランドの保険として「auの損害ほけん」を、2019年4月より「au自動車ほけん」の提供を開始しています。

KDDIおよびauフィナンシャルグループは、生活の中心となったスマートフォンを通じてお客さまの日常生活における決済・金融サービスをより身近にする「スマートマネー構想」を推進しています。
このたびの資本異動により、KDDIの通信事業を基盤としたau経済圏や5G、IoTなど、KDDIグループの経営資源を最大限に活用し、KDDIグループ各社との連携を強化していきます。
さらに、現在提供中の自転車、旅行、ペット保険のほか、さまざまな損害保険サービスの拡充に取り組みます。
なお、KDDIは関係当局の許認可取得を前提に、au損保をauフィナンシャルホールディングス株式会社 (該当項目へジャンプします注2) の傘下に移管することを検討しています。

あいおいニッセイ同和損保は、引き続き損害保険ビジネスに関する知見の提供を通じ、au損保によるWeb完結型保険募集の高度化や健全かつ適切な業務運営の実現により、お客さまに高品質の商品・サービスを提供するとともにau損保の企業価値の最大化に貢献していきます。

(参考) au損害保険株式会社の概要

  • 会社名:
    au損害保険株式会社
  • 事業内容:
    損害保険事業 (傷害保険、盗難保険および費用・利益保険の引受)
  • 設立年月日:
    2010年2月23日
  • 本店所在地:
    東京都港区港南1-6-34 品川イースト2F
  • 代表者:
    代表取締役社長執行役員 山田 隆章
  • 資本金:
    60億9万円
  • 従業員数:
    80名 (2019年3月末日時点)
  • 注1)
    2019年3月末時点で13自治体と締結。
  • 注2)
    決済・金融事業の強化を目的として2019年4月に業務を開始したKDDIグループの金融持株会社。
    詳細は新規ウィンドウが開きますこちら

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。