メニューを開く
検索エリア

「KDDI ∞ Labo」、「次世代プログラム」の成果および「5Gプログラム」の募集開始

このページを印刷する

~スタートアップ企業と5G時代の事業共創を加速~

  • KDDI株式会社

2019年3月27日

KDDIは、2019年3月26日に開催したMUGENLABO DAY 2019において、スタートアップ企業とともに新たな価値を創造する事業共創プラットフォーム「KDDI ∞ Labo」の「次世代プログラム」に採択された7社のスタートアップ企業による成果発表を実施し、KDDI ∞ Labo賞として株式会社アラヤを表彰しました。

株式会社アラヤは深層学習・機械学習のアルゴリズム開発、およびアルゴリズムを応用したシステム開発を行っており、来たる5G時代において、同社AIの持つ演算処理技術は、社会を変えるものになると期待します。

「KDDI ∞ Labo」の「次世代プログラム」は、5G時代の新たな価値創造というテーマで、「XR」「ロボティクス」「ドローン」「IoT」「ビッグデータ/AI/ブロックチェーン」「その他ITサービス」の分野から選び抜かれたスタートアップ企業7社とともに、パートナー連合各社との新たな事業創出に取り組んできました。

その結果、「次世代プログラム」採択企業7社は、パートナー連合、KDDI、および他社との事業化に向けた実証実験を20件実施しました。また、今後も複数の実証実験を予定しています。

さらに、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社、以下 KOIF3号) を通じて、「次世代プログラム」の採択企業である株式会社Synamon (本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 武樋 恒、以下 Synamon) への出資が決定しました。KDDIは本出資を通じ、「NEUTRANS BIZ」正式版を商品ラインナップとして取り扱い、法人顧客開拓を支援していきます。

また「KDDI ∞ Labo」は2019年度より、5G時代の新たな価値創造を行う「5Gプログラム」を開始します。スタートアップ企業とともに、オンラインの世界にとどまらず、オンラインとオフラインが融合した世界においてもワクワクする体験を生み出すことをテーマに、「スマートシティ」「モビリティ」などの社会基盤から、「エンターテインメント」「スポーツ」「トラベル」などのライフスタイルまで、さまざまな分野において、インパクトのある新たな体験価値を次々と打ち出していきます。

くわえて、「KDDI ∞ Labo」パートナー連合への参画企業として、ヤマトホールディングス株式会社が新たに参画します。「5Gプログラム」の強力なパートナーとしてスタートアップによる事業共創を推進していきます。

なお「5Gプログラム」は、2019年3月26日より、新規ウィンドウが開きます「KDDI ∞ Labo」公式ウェブサイトにてスタートアップ企業の募集を開始します。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、スタートアップ企業やパートナー企業との事業共創への取り組みを通じて、5G時代における新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI ∞ Labo」公式WEBサイト


<別紙>

■「KDDI ∞ Labo」、次世代プログラム採択企業について

1. 採択企業の取り組みおよび実績

KDDIは、「KDDI ∞ Labo」の「次世代プログラム」採択企業7社に対して、独自性、市場性、完成度、プログラム期間中の取り組み内容の観点で評価を行い、KDDI ∞ Labo賞を授与しました。また、来場者が各社のピッチを聞き、ワクワクした企業に対して投票を行い、最も投票数が多い企業に対してオーディエンス賞を授与しました。

<KDDI ∞ Labo賞、オーディエンス賞 受賞チーム>

企業名代表者サービス概要
KDDI ∞ Labo賞 株式会社アラヤ 金井 良太 深層学習・機械学習のアルゴリズムを応用したシステムの開発・提供
オーディエンス賞 株式会社ビビッドガーデン 秋元 里奈 オーガニック農作物のマーケットプレイス
「食べチョク」の運営

<次世代プログラム採択企業・KDDIとの取り組み事例>

社名事業概要パートナー企業取り組み事例
株式会社アラヤ 深層学習・機械学習のアルゴリズムを応用したシステムの開発・提供 KDDI株式会社
  • 5G時代のエッジコンピューティング技術開発
    (全身Vtuber化カメラ、ドローン自律監視システム)
株式会社Synamon VR、AR、MR関連製品、コンテンツの企画、開発、運営 KDDI株式会社
  • KDDI ∞ Laboパートナー連合向けVR会議のデモ体験機会の提供
  • クロスマーケティンググループ、三井不動産株式会社に対してVR会議の新しいユースケース創出
  • KOIF出資による事業連携推進
Telexistence株式会社 テレイグジスタンス (遠隔存在) 技術を用いたロボット開発とそのためのソフトウェア、クラウド、人口知能開発 KDDI株式会社
J.フロント リテイリング株式会社
株式会社電通
  • 東京都小笠原諸島における観光資源の遠隔体験イベント
株式会社Momo IoTソリューション開発を一気通貫で実現するプラットフォーム「Palette IoT」の開発、販売 全国農業協同組合
連合会
  • 農地指導員向け機器開発
  • 農地での実証実験
株式会社ヤマップ 登山アウトドア向けWEBサービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」の開発・運営 KDDI株式会社
KNT-CTホールディングス株式会社
  • 登山者の遭難救助、位置情報連携を目的とした富士山におけるドローン山岳救助システムの実証実験
  • 雪山イベントによる新しい登山体験とスマホ連携
社名事業概要パートナー企業取り組み事例
株式会社ビビッドガーデン オーガニック農作物のマーケットプレイス「食べチョク」の運営 J・フロント リテイリング株式会社
KDDI株式会社
  • 大丸松坂屋オンラインにて「食べチョク」専用ページ開設
  • ライブコマースアプリ「CHECK」にて産直野菜販売
  • パートナー企業向け社内マルシェを実施
TAAS株式会社
  • タダで機密文書が処理できる
    e-Pod Digitalの提供
株式会社アマナ
  • e-Pod Digitalのサービスローンチとサービス導入企業拡大の支援

■「KDDI ∞ Labo」5Gプログラムについて

1. 概要

5Gプログラムは、"5G時代の新たな体験価値の創出"をテーマとし"「パートナー連合」へヤマトホールディングス株式会社が新たに参画し、KDDIを含む計32社と"パートナー連合との実証実験"をゴールにスタートアップによる事業共創を推進していきます。

株式会社アマナ、株式会社エクシング、KNT-CTホールディングス株式会社、グーグル合同株式会社、KDDI株式会社、コクヨ株式会社、株式会社ザクティ、サントリーホールディングス株式会社、株式会社ジュピターテレコム、J.フロント リテイリング株式会社、Supership株式会社、住友不動産株式会社、西武鉄道株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、株式会社ソニー・ミュージックエンターテイメント、株式会社ソフトフロントホールディングス、大日本印刷株式会社、TDK株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社テレビ東京ホールディングス、株式会社電通、東京急行電鉄株式会社、凸版印刷株式会社、日本マイクロソフト株式会社、株式会社バンダイナムコエンターテインメント、株式会社日立製作所、ビックローブ株式会社、株式会社フジテレビジョン、三井物産株式会社、三井不動産株式会社、三菱UFJニコス株式会社、ヤマトホールディングス株式会社

(50音順、計32社)

2. 実施期間およびエントリー方法

○実施期間
2019年4月から2020年3月末 (予定)

○エントリー方法
新規ウィンドウが開きます「KDDI ∞ Labo」エントリーページよりご応募いただけます。

○エントリー募集期間
【一次募集】
2019年3月26日から2019年4月30日23:59まで
【通年募集】
2019年5月1日から2019年12月31日

■参考

株式会社アラヤ

【事業概要】

  • ディープラーニングを活用したアルゴリズム提供
  • エッジコンピューティング関連のプロダクト開発
  • 汎用AI (自律エージェント/人工意識) の研究開発

【事業の特徴】
顧客の個別ニーズに応じて、ディープラーニングを用いたアルゴリズムを構築、エッジコンピューティングを最適化するためのプロダクト開発、自律学習や制御などのエッジ技術適用可能範囲をより広げるための研究開発

【プログラム成果 (今後の展望)】
KDDIと5G時代のエッジコンピューティング技術のユースケース2事例を共同開発、実証実験を実施。

  • [1]
    誰でも機材なしで簡易に全身Vtuber化できるAIカメラの開発
  • [2]
    スタジアム等におけるドローン自律監視システムの開発 (埼玉スタジアムで実証)。
    今後も事業化に向け、連携し継続開発。
会社名 株式会社アラヤ
本社所在地 東京都港区西新橋2-22-1 西新橋2丁目森ビル3階
代表者 金井 良太
問い合わせ先 support@araya.org

株式会社Synamon

【事業概要】

  • VR空間で最適なユーザー体験を創ることを目指したマルチプレイベースシステム「NEUTRANS」の開発・提供
  • ビジネス向けのVRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」の開発・提供

【事業の特徴】
会議や研修教育など、さまざまなビジネスシーンにおいてVR空間を複数人で共有することでリアルを超える対話を生み出すVRコラボレーションサービス

【プログラム成果 (今後の展望)】

  • クロスマーケティンググループとグループインタビューにおけるVR活用の実証実験を行い、「NEUTRANS BIZ」の新たなユースケースを創出。
    新規ウィンドウが開きますhttps://www.cross-m.co.jp/solution/u26/vr/
  • 「NEUTRANS BIZ」正式版のリリース (19年4月) と、KDDIによる正式版の営業協力の決定。
  • 「NEUTRANS BIZ」を三井不動産株式会社のコワーキングスペースへ導入。
  • KDDIおよび三井不動産株式会社との資本業務提携により、さらなる事業拡大を目指す。
会社名 株式会社Synamon
本社所在地 東京都品川区東五反田1-21-9 ウィスタリア東五反田ビル4階A
代表者 武樋 恒
問い合わせ先 press@synamon.jp

Telexistence株式会社

【事業概要】
テレイグジスタンス (遠隔存在) 技術を用いたロボット開発とそのためのソフトウェア、クラウド、人口知能開発

【事業の特徴】
ロボティクス、通信、VR、触覚提示、AIなどさまざまなテクノロジーを駆使し、人間の意識、技能、存在感をネットの速さで伝送する、遠隔存在という世界の構築を目指している。また、ロボットの遠隔制御の先には、模倣学習という機械学習の一分野と組み合わせ、人間の動作を学習することで、産業用ロボットの省人化、無人化とは異なるアプローチで、人手不足や労働力の偏在という社会課題の解決に取り組んでいる。

【プログラム成果 (今後の展望)】
株式会社JTB・KDDIと連携し、東京と小笠原諸島・父島の間の約1000kmをつなぐ、遠隔体験の実証実験を実施。
この実証実験から得た課題・改善点を踏まえ、KDDI総合研究所と連携し、ロボットと人間をつなぐ通信の遅延低減にかかわる開発を進めている。

会社名 Telexistence株式会社
本社所在地 東京都港区西新橋2丁目19-5 カザマビル3F
代表者 富岡 仁
問い合わせ先 info@tx-inc.com

株式会社Momo

【事業概要】
IoTソリューション開発を一気通貫で実現するプラットフォーム「Palette IoT」の開発、販売

【事業の特徴】
専門の知識を必要とせず、多くの開発費や時間をかけずに、誰でも簡単にIoTシステムを構築できる。

【プログラム成果 (今後の展望)】
全国農業協同組合連合会 (以下 全農) と、農業IoTシステムを構築し、全農の所有する平塚農園にて実証実験を実施。農業専用IoTセンサーおよび、保険商品の作成に向けて全農、農林中央金庫とともに実証実験を継続していく。

会社名 株式会社Momo
本社所在地 大阪市淀川区西中島2-7-1
代表者 大津 真人
問い合わせ先 sales@momo-ltd.com

株式会社ヤマップ

【事業概要】
登山アウトド向けWEBサービス、スマートフォンアプリ「YAMAP」開発・運営とコミュニティ運営、オリジナル保険やオリジナル商品を販売。

【事業の特徴】

  • スマートフォンの電波が入らない山岳エリアでもGPSと連携して自身の位置確認が可能。
  • 登山向け地図アプリでは国内最大手で、登山コミュニティも国内最大級を誇る。

【プログラム成果 (今後の展望)】

  • 今後、ドローンを活用した山岳救助で「YAMAP」と連携し、「YAMAP」で収集した山岳救助における知見をKDDIに提供していく。
  • クラブツーリズムと「YAMAP」アプリを介した新たな登山体験価値を創造する。
会社名 株式会社ヤマップ
本社所在地 福岡県福岡市博多区綱場町2-2 福岡第一ビル6階
代表者 春山 慶彦
問い合わせ先 info@yamap.co.jp

株式会社ビビッドガーデン

【事業概要】
オーガニック農作物のマーケットプレイス「食べチョク」の運営

【事業の特徴】
「生産者の"こだわり"が、正当に評価される世界へ」をテーマに、生産者が個人や飲食店に直接商品を販売できるプラットフォームを提供します。

【プログラム成果 (今後の展望)】

  • J.フロント リテイリング株式会社と連携し、「大丸松坂屋オンラインショッピング」内に食べチョク専用の販売サイトを構築。
  • KDDI子会社である株式会社エブリーと提携し、ライブコマースアプリ「CHECK」内で食べチョク登録農家の畑から農作物をライブ販売。
会社名 株式会社ビビッドガーデン
本社所在地 東京都渋谷区代々木2-32-4
代表者 秋元 里奈
問い合わせ先 info@vivid-garden.co.jp

TAAS株式会社

【事業概要】
機密文書専用処理ボックス「e-Pod Digital」により、顧客側の処理費用削減と「e-Pod Digital」筐体への広告提供

【事業の特徴】

  • 「e-Pod Digital」は法人向けサービスで、月額・導入費用無料
  • 広告クライアントに企業内に設置したサイネージへの広告配信

【プログラム成果 (今後の展望)】

  • 「e-Pod Digital」のサービスをローンチし、株式会社電通、株式会社アマナによる「e-Pod Digital」ブランディング規定構築、クリエイティブ企画・制作支援をする。
  • 株式会社アマナによる「e-Pod Digital」の広告事業へのクリエイティブ提供を支援。
会社名 TAAS株式会社
本社所在地 東京都渋谷区東3丁目16-10 三浦ビル4F
代表者 大越 隆行
問い合わせ先 info@taas2016.com

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。