メニューを開く
検索エリア

「第1回タグラグビードリームマッチ2019」を"聖地"秩父宮ラグビー場で開催 試合映像とウェアラブルセンサーに基づく心拍数データなどをスマホでリアルタイム配信

このページを印刷する

~選手が安心してスポーツに取り組める5G時代の"新しいスポーツ体験"を一足先に~

  • 株式会社ジュピターテレコム
  • KDDI株式会社
  • 株式会社KDDI総合研究所

2019年3月14日

株式会社ジュピターテレコム (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 井村 公彦、以下 J:COM) は、ラグビーの発展を目的に、小学生とレジェンドOBらが交流できる「第1回タグラグビードリームマッチ2019」(以下 当大会) を2019年3月24日に、"日本ラグビーの聖地"秩父宮ラグビー場で開催します。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) はJ:COMとともに、当大会において「スポーツ×通信」の新たな取り組みとして、IoTウェアラブルセンサーで取得した走行距離や心拍数データなどのスマートフォンリアルタイム配信や、画像解析技術を活用したAIコーチングの実証実験を、株式会社KDDI総合研究所 (本社: 埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長: 中島 康之、以下 KDDI総合研究所) をはじめとする企業の技術提供のもと実施します。

得点・攻撃数などの試合情報と、ウェアラブルセンサーによる選手の走行距離や心拍数データを画面上に表示 画像はイメージです

タグラグビーは、腰につけたタグを取ることによってタックルしたとみなす、身体的接触を無くしたルールが特徴で、初心者、年少者にも安心して楽しんでいただけるラグビー競技です。ラグビーを愛する老若男女、そして国内トップレベルのチームから草ラグビーチームが参加し、年齢・性別・レベルに関係なく対戦することで交流を深めます。さらにエキシビションではラグビー界のレジェンドOBも参加し、大会を盛り上げます。当日の大会模様は地域情報アプリ「ど・ろーかる」でリアルタイム配信し、コミュニティチャンネル「J:COMテレビ」でも2019年3月30日に放送予定です。

KDDI、KDDI総合研究所は、選手が安心して楽しみながら成長するアマチュアスポーツの環境づくりを目指し、IoT技術を活用した実証実験をパートナーと共に実施します。今回の実証実験では、IoTウェアラブルセンサーを活用することでコーチや医療関係者が選手の心拍数、走行距離などを把握し、適切なアドバイスができる環境を提供します。画像解析技術を活用した実証実験「AIコーチング」ではスポーツ行動認識AIが体験者のプレーを採点し、フォームをアドバイスすることで正しいフォームを身に着けることが可能です。

「ラグビー日本代表オフィシャルサポーター」のJ:COMは、地域密着メディアとしてスポーツを通じた地域への貢献を目指すとともに、J:COMならではの放送・配信などの取り組みを通じ、広くラグビースポーツの魅力を発信していきます。
KDDI、KDDI総合研究所は"ワクワク"を提案し続ける企業として5G時代に向けた「スポーツ×通信」を推進し、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は、別紙をご参照ください。


<別紙>

1. イベント概要

(1) 大会概要

大会名 第1回タグラグビードリームマッチ2019
開催日時 2019年3月24日 9:30~17:30 (予定)
会場 秩父宮ラグビー場 (東京都港区北青山2丁目8-35)
主催 株式会社ジュピターテレコム
主管 タグラグビードリームマッチ2019実行委員会
(株式会社ジュピターテレコム、KDDI株式会社)
参加チーム
  • 小学生のタグラグビーチーム16組 (一般募集)
  • 大会推薦チーム4組
WEBサイト 新規ウィンドウが開きますhttps://c.myjcom.jp/user/event/jtv-trb.html

(2) 大会規則

予選会決勝トーナメント
競技規則

「タグラグビー競技規則2018」に準拠新規ウィンドウが開きます一部、大会が規定する特別規則有り

競技人数 5名 (5名まで交代可)
競技時間 5分ハーフ (インターバル2分) 7分ハーフ (インターバル2分)
対戦方式 トーナメント制
(同点の場合は抽選)

トーナメント制
(同点の場合は前後半3分の延長戦→抽選)

  • 決勝戦のみ同点の場合は両チーム優勝
出場チーム数 16チーム (予定) 8チーム (予定)
出場資格 小学生の男女 (一般募集) 大会推薦枠 4チーム
予選会通過 4チーム

(3) 大会ゲスト

ゲストレジェンドOB

ラグビー元日本代表

  • 今泉 清
  • 齊藤 祐也
  • 川合 レオ

7人制ラグビー元日本代表

  • 天野 義久
  • 三宅 敬
アイドル KAGAJO 7

(4) アプリ配信

エキシビションと、一部の決勝戦で選手に着用いただくIoTウェアラブルセンサーで収集した選手情報は地域情報アプリ「ど・ろーかる」でリアルタイム配信します。

「ど・ろーかる」は、地域の"今"をお届けする全く新しい地域情報アプリです。コミュニティチャンネルで放送している地域のニュースや、特別番組のライブ配信により、外出先からでもスマホやタブレットでお住まいの地域のニュースが視聴できます。また札幌の方が福岡の番組を見られるなど、お住まいのエリアに限らず、J:COMの全サービスエリアの番組をお楽しみいただくことができます。

アプリ名 地域情報アプリ『ど・ろーかる』
配信日 2019年3月24日12:00 (予定)
料金 無料
インストール方法 Android (TM)「Google Play ストア」/iPhone「App Store」にて「ど・ろーかる」で検索
<<新規ウィンドウが開きますアプリ詳細、インストールはこちら>>
  • 配信内容は予告なく変更となる可能性があります。
  • 通信費はお客さまのご負担となります。

(5) テレビ放送

「J:COMテレビ」で大会の模様を番組『第1回タグラグビードリームマッチ2019ダイジェスト』にて放送します。

「J:COMテレビ」とはJ:COMのネットワークを生かして、"地域発"のコンテンツを"全エリア"へお届けするオリジナルチャンネルです。全国各地のご当地情報や、音楽ライブ、スポーツなどの大型コンテンツはもちろん、ラジオとのコラボレーションなど、さまざまな取り組みを通じて、ケーブルテレビならではの魅力を発信します。

生中継番組名 『第1回タグラグビードリームマッチ2019ダイジェスト』
放送日時 2019年3月30日19:00~19:30
[再] 4月3日20:00~、4月6日17:30~、4月7日22:30~
内容 「第1回タグラグビードリームマッチ2019」の試合映像をセンサー情報と併せて放送
放送チャンネル J:COMテレビ (愛称J:テレ) <<チャンネル番号>>
札幌・仙台・関東エリア 10ch
関西・福岡・北九州エリア 12ch
下関エリア 111ch
熊本エリア 11ch
視聴方法 J:COM対応済みの建物にお住いの方は、どなたでも無料で視聴可能
実況 矢野 武
解説 箕内 拓郎
  • 番組・放送内容は予告なく変更となる可能性があります。

2. 実証実験について

(1) ウェアラブルセンサーを使った安心安全への取り組み

技術提供: データスタジアム株式会社 (以下 データスタジアム)、SOLTILO Knows株式会社 (以下 Knows)、大阪大学大学院医学系研究科

▼未来の活用ビジョン
当大会ではIoTのウェアラブルセンサーで収集したデータと現地で取得するプレーデータをデータスタジアムがクラウド上で統合、管理します。そのデータを遠隔で閲覧し、スポーツ医学者からフィードバックするという取り組みです。今回はSociety5.0を推進する大阪大学大学院医学系研究科がバイタルデータをリアルタイム受信し、選手の安全面に配慮したフィードバックを行い、マネジメントをします。
さらに、IoTウェアラブルセンサーを活用し、収集したデータを試合映像と併せて、中継形式でスマホアプリにて同時配信します。中継を見る視聴者も選手を身近に感じられることはもちろん、戦略を練る監督やコーチもデータの蓄積で、事実と論理に基づいた明確なパフォーマンス向上の指導・育成を実現します。

▼装置: ウェアラブルセンサー「Knows」

  • GPSを搭載した運動中に身に着けることでパフォーマンスを計測する高機能センサー

▼特徴

  • リアルタイムで心拍数や運動強度、疲労回復などを瞬時に測定
  • プレー中の推移を数値化

ウェアラブルセンサー

実証実験のイメージ

中継画面で使われる予定のテロップ画像、クラウドにデータが上がった後に大阪大学が遠隔で受信するデータ画面

(2) AIコーチング (ブース出展)

技術提供: KDDI総合研究所

▼未来の活用ビジョン
練習場や公園などコーチが直接指導できない環境でも、タブレットやスマホでいつでもどこでも自分に合ったコーチングが受けられます。
単眼のカメラ映像のみで指先を含む骨格などの動きやボールを捉え、パスやキャッチなどの基本動作を認識するスポーツ行動認識AIを実現します。

▼技術

  • 人物 (骨格) やボールの位置関係を推定してプレー内容を認識
  • 独自の認識AIで38点の骨格を高精度に認識
  • お手本映像のフォームと比較して改善点をアドバイス

▼特徴

  • 独自の「姿勢・骨格」分析技術によりタブレットやスマホのカメラだけでプレー分析を実現

骨格点の抽出結果

  • iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • 「Google Play」、「Android」は、Google LLCが提供するサービスです。
  • その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。