メニューを開く
検索エリア

スマートドローンによる用途別ソリューションの提供開始

このページを印刷する

~ドローン機体から運航管理アプリまでトータルにサポート~

  • KDDI株式会社

2019年3月6日

KDDIは、モバイル通信ネットワークに対応したスマートドローン (該当項目へジャンプします注1) の安心・安全に飛行制御する基盤システムとなるプラットフォーム (以下 本プラットフォーム) を活用した用途別ソリューションを2019年6月より順次提供開始します。

KDDIは2016年の構想発表 (該当項目へジャンプします注2) から、多数のパートナー企業と実証実験を重ね開発を進めてきました。本プラットフォームは、モバイル通信に対応した機体、気象・地図と連携し、ドローンの飛行計画の作成、運航状況の監視、機体制御を遠隔で行うことが可能です。
今回、本プラットフォームを活用し、広域監視、鉄塔点検、風力点検、測量解析、精密農業分野において、お客さまの用途に応じた機体、通信、アプリケーションによるソリューションを提供することで業務効率化や課題解決に貢献します。

<用途別ソリューション イメージ図>

今後もKDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、5G・IoTをはじめとするさまざまなテクノロジーを活用することにより、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

1. スマートドローンのプラットフォーム概要

本プラットフォームは、機体、通信、気象・地図、運航管理をトータルで提供可能な統合プラットフォームです。

  • (1)

    本プラットフォーム提供内容

    • [1]
      通信
      アンライセンス通信に加え、4G LTEのモバイル通信にも対応することで、クラウド連携、遠隔監視/制御を実現します (該当項目へジャンプします注3)。
    • [2]
      機体
      各産業用途に応じた最適な機体ラインアップを提供。
    • [3]
      気象・地図
      高精細な上空気象予測を提供し、ドローンの飛行可否の判断が可能。また3次元地図によりルート設定時に飛行高度を自動設定することが可能。
    • [4]
      運航管理
      自律飛行のための計画の作成から、飛行時の運航状況・カメラ映像の監視、さらに機体やカメラ等の遠隔制御が可能。
  • (2)

    プラットフォームパートナー

    機体気象地図運航管理
  • (3)

    本プラットフォームを活用したソリューション連携パートナー

    測量解析精密農業

2. 本プラットフォームを活用したソリューション提供

ドローンを活用した新しいサービスの展開や、業務効率化などを図りたいお客さまに向けて、本プラットフォームを活用した、広域監視、鉄塔点検、風力点検、測量解析、精密農業ソリューションを2019年6月より順次提供開始します。

  • (1)

    ソリューション概要

    • [1]
      広域監視

      鉄道や道路などの広域インフラを、災害時等にスマートドローンで巡回し、遠隔で現場の状況を確認することで、迅速に被害状況の確認、復旧可否判断が可能となります。
      監視センターでは、遠隔でドローンの飛行ルートの設定、飛行指示、飛行中のドローン映像の確認を一元的に行うことが可能です。

      <広域監視 イメージ図>

      鉄道インフラ
      災害時状況把握
      鉄道インフラ
      平時状況把握
      高速道路インフラ
      災害時状況把握
      (共同研究中)
      遭難
      広域捜索
      (包括連携協定締結済)

      <広域監視ソリューションを活用する企業・自治体>

    • [2]
      鉄塔点検

      点検箇所をドローンでピンポイントに撮影、データ管理、レポート作成を自動で行うソリューションを提供します。
      鉄塔周囲をドローンが自動飛行することで鉄塔の3Dモデルを作成し、点検箇所を指定、鉄塔点検用ドローンが、指定した角度・範囲でピンポイントに撮影。自動でデータを管理、点検レポートを作成することが可能です。
      本鉄塔点検ソリューションを活用して、送電設備へ適用できるソリューションを中部電力株式会社 (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 勝野 哲、以下 中部電力) および中部テレコミュニケーション株式会社 (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 宮倉 康彰、以下 ctc) (該当項目へジャンプします注4) の3社で共同研究を行います。また、KDDIの通信鉄塔における点検業務において、19年度より導入します。

      <鉄塔点検 イメージ図>

    • [3]
      風力点検

      風力タービンの周囲をドローンが撮影し、位置情報・高度情報を元にデータ管理、レポートまでを自動的に行うことで、作業効率を大幅に向上させ、安全な点検を実現します。

      <風力点検 イメージ図>

    • [4]
      測量解析 (パートナー連携により提供)

      スマートドローンを活用した測量によるデータ収集と、国土交通省が推進するi-Construction (該当項目へジャンプします注5) に対応したアイサンテクノロジー株式会社 (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 加藤 淳) の測量専用ソフト「Wing Earth」による大規模3次元点群データ処理・解析により、さまざまな施工管理システムに対応した出力結果を提供可能です。

      <測量解析 イメージ図>

    • [5]
      精密農業 (パートナー連携により提供)

      株式会社スカイマティクス (本社: 東京都中央区、代表取締役: 渡邉 善太郎) の葉色分析サービス「いろは」による農作物の生育管理と、農薬散布サービス「はかせ」をスマートドローンのプラットフォームに連携させることで、効率的な散布ルート作成と自律飛行による適所散布を実現します。

      <精密農業 イメージ図>

  • (2)

    提供開始時期

    広域監視鉄塔点検風力点検測量解析 (該当項目へジャンプします注6)精密農業 (該当項目へジャンプします注6)
    2019年6月 2019年6月以降

3. お問い合わせ

KDDI 法人お客さまセンターまでお問い合わせください。

<法人お客さまセンター>
フリーコール 0077-7007 (無料)
フリーコール 0120-921-919 (無料)
受付時間: 9:00~18:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)

  • 注1)
    新規ウィンドウが開きますスマートドローン
    KDDIの通信ネットワークを利用することで、より長距離で安全な運用を可能としたドローンのこと。
  • 注2)
    新規ウィンドウが開きますKDDI・プロドローン・ゼンリン、モバイル通信ネットワークを活用したドローン事業で業務提携
    ~"空の3次元地図"を活用して自律飛行する「スマートドローン構想」を推進~ (2016年12月19日)
  • 注3)
    ドローンの制御やデータ伝送には通常は2.4GHz帯 (ISMバンド) が利用されるが、LTE通信モジュールをドローンに搭載する場合は、既設の無線局等の運用等に支障を与えない範囲で、KDDIが実用に移す目的で試験的に開設する無線局 (実用化試験局) として利用する。また、ドローンの飛行は実用化試験局の試験計画に基づき実施している。
  • 注4)
    中部テレコミュニケーションは、中部5県下に約17万kmに及ぶ光ファイバーネットワークを張り巡らし、各種通信サービスを提供する電気通信事業者。
  • 注5)
    国土交通省が推進している産性が高く魅力的な新しい建設現場を創出することを目的とした、測量・設計から、施工、さらに管理にいたる全プロセスにおいて情報化を前提とした取組み。
  • 注6)
    パートナー連携により提供

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。