メニューを開く
検索エリア

カカクコム、KDDI 「食べログ」と「au PAY」連携で店舗集客を推進

このページを印刷する

~ビックデータ分析基盤を共同で構築し店舗支援~

  • 株式会社カカクコム
  • KDDI株式会社

2019年2月12日

カカクコム、KDDIは、カカクコムが運営する「食べログ」と2019年4月よりKDDIが提供開始するスマホ決済サービス「au PAY」において連携し、共同で「au PAY」加盟店の開拓と店舗集客を支援していきます。

カカクコムが運営する「食べログ」は、月間約1億人以上が利用する日本最大級のレストラン検索・予約サイトです。24時間いつでもスマホなどから空席確認・予約を完了できるインターネット予約サービスがご好評をいただき、利用者数、予約対応店舗ともに順調に拡大しています。

KDDIは、「auかんたん決済」や「au WALLET」の事業基盤を活用して決済領域の強化を進めており、2019年4月よりバーコードやQRコードを使った新たなスマホ決済サービス「au PAY」を開始します。「au PAY」は「au WALLET アプリ」から簡単なお手続きでご利用を開始することができ、au WALLET残高やWALLET ポイントを利用して店舗でのお支払いにご利用いただけます。

このたび両社は、「食べログ」で「au PAYが使えるお店」の紹介や、「食べログ」掲載店舗で「au PAY」をご利用いただくお客さまにポイント還元を実施するなど、「au PAY」と「食べログ」の連携を行い、「au PAY」加盟店の開拓と店舗集客の支援を共同で実施していきます。

さらに、2019年2月より、共同でビッグデータ分析を行うデータ基盤 (以下 共同分析基盤) を構築します。共同分析基盤では、KDDIが保有する性年代等の属性データとカカクコムが保有する消費行動などを、KDDIグループのSupership株式会社の環境下で統合的に管理し、AI技術等を駆使することで、高度なビッグデータ分析 (該当項目へジャンプします) を行います。これにより、お客さまに配慮しながらデータ分析に基づいた最適なご提案を行うほか、「価格.com」や、「食べログ」に登録する店舗向けに、集客支援サービスなどの提供を行っていく予定です。

カカクコムとKDDIは、両社が有するアセットを組み合わせ活用することにより、新しい体験価値を創造し、相互の事業の発展と新規事業の創出を目指しています。

  • 注)
    お客さまからの同意に基づいたデータに関して分析利用を行います。また、分析に利用するデータは匿名化されたもので個人を特定するものではありません。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。