メニューを開く
検索エリア

国内初、白馬村とKDDI 5G活用した除雪車支援の実証試験を実施

このページを印刷する
  • 長野県白馬村
  • KDDI株式会社

2019年1月17日

長野県白馬村 (長野県北安曇郡、村長: 下川 正剛、以下 白馬村) とKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、立命館大学 (本部: 京都府京都市、学長: 仲谷 善雄) と金井度量衡株式会社 (本社: 新潟県新潟市、代表取締役: 金井 利郎、以下 金井度量衡) の協力のもと、2019年1月17日から、除雪作業の課題解決に向け、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を活用した除雪車支援の実証試験 (以下 本試験) を国内で初めて (該当項目へジャンプします注1) 実施します。

<実証試験の実施イメージ>

本試験では、5Gを活用し、除雪車の運転席に設置した5Gタブレット上に、積雪のない夏場の状況写真を表示することで、雪の下に埋もれているマンホールや縁石などの道路構造物に注意しながら、迅速かつきれいな除雪作業が行える除雪車支援システムの実証を行います。

降雪地域において、迅速かつきれいな除雪は、地域住民が生活手段である道路を安心・安全に利用するために不可欠です。さらに、白馬村では、村外からの雪道に慣れていないスキー客の車が多いことから、観光事業の側面からも重要です。

一方、近年、日本各地において、通常は降雪の少ない地域で豪雪となる災害が多く発生しています。本試験のシステムを活用することで、豪雪災害時に応援に来た除雪車オペレータの作業支援を可能とし、除雪の効率化、豪雪災害からの早期復旧などが期待できます。

今後も、KDDIと白馬村は、本試験や地域活性化を目的とした協定 (該当項目へジャンプします注2) を通じて、相互連携と協働による活動を推進し、5Gを見据えたICTをはじめとする双方の資源を有効に活用することにより、地域活性化を推進していきます。

なお、本試験は、総務省の5G総合実証試験 (該当項目へジャンプします注3) の一環として実施しています。

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

■(参考) 各社の役割

1. KDDI

本試験の実施および5Gエリアの設計

2. 白馬村

試験場所および除雪車の提供

3. 立命館大学

除雪車支援システムの開発、試験

4. 金井度量衡

システム用測位情報データ作成および車載機器の製作


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。