メニューを開く
検索エリア

KDDIとフジテレビ、春高バレーでAR技術を活用し5G時代を見据えた新たな観戦体験を提供

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • 株式会社フジテレビジョン

2019年1月10日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社フジテレビジョン (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 宮内 正喜、以下 フジテレビ) は、2019年1月12日・13日に開催される「ジャパネット杯 春の高校バレー 第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会 (以下 春高バレー)」準決勝・決勝戦にて、AR技術を活用しお客さまのスマートフォンでバレーボールの新しい観戦体験をお楽しみいただける「AR観戦」や、4DREPLAY, Inc. (本社: 米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO: Hongsu Jung) が開発・販売する「4DREPLAY」を活用した自由視点映像の会場内配信を実施します (該当項目へジャンプします注1)。

「AR観戦」では、コート両エンドライン後方2視点などマルチアングルで観戦可能な「視点ジャンプ」や、スマートフォンのカメラをかざし会場内のAR空間にマスコットキャラクター「バボちゃん」のメッセージ画像を投稿して応援できる「ARエール」など、観戦・応援がさらに楽しくなるコンテンツや、現在のスコアやテキストによる実況、選手情報など、より試合を深く理解できる情報を提供します。

AR観戦 視点ジャンプ画面イメージ、AR観戦 ARエール画面イメージ、AR観戦 スコア・実況画面イメージ

「4DREPLAY」を活用した自由視点映像配信は、会場内に配備された端末をご利用いただくことによりお楽しみいただけます。「4DREPLAY」はタイムスライス方式技術 (該当項目へジャンプします注2) により、短い処理時間で自由視点映像を生成し、さまざまなカメラアングルで映像を鑑賞することが可能です。
今回の春高バレーでは、「4DREPLAY」のシステムを活用し、男子・女子決勝戦の映像をそれぞれ40台のカメラで撮影します。撮影した映像は専用の端末へ試合中に配信され、選手がボールをアタックする瞬間、対峙する選手のブロックやレシーブする瞬間などを、複数の角度からお楽しみいただく予定です。

4DREPLAY観戦画面イメージ、観戦イメージ (ズーム・視点操作)

また、編集を行ったリプレイ映像は後日、運動通信社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 黒飛 功二朗) とKDDIで共同運営しているインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」においても配信します。

KDDIとフジテレビは、それぞれの強みを生かし、より多くのお客さまに高校生バレーボールを新たな観戦体験として深く楽しんでいただくことにより、大会・競技の普及、発展を目指していくほか、5G時代を見据えたAR技術をはじめとする双方の資源を有効に活用することにより、さまざまなスポーツにおいて新たな観戦体験を提案していきます。

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

1. AR観戦について

会場内の全てのお客さまを対象に、試合をよりお楽しみいただけるコンテンツを提供します。
お持ちのスマートフォン (該当項目へジャンプします注3) から、会場内で配布するフライヤーに記載のQRコードよりアクセスいただきます。

フライヤー (イメージ)

  • (1)
    実施概要
    項目内容
    AR観戦 視点ジャンプ バレーボールコートを両エンドライン後方からの2視点などのマルチアングルから観戦可能
    ARエール スマートフォンのカメラをかざし、AR空間上に「バボちゃん」の画像を投稿し選手を応援できるほか、応援の人の応援も閲覧可能
    スコア・実況 試合の流れが一目でわかるスコアの推移をAR空間上に表示するほか、テキストでの実況も合わせて閲覧可能
    4DREPLAY

    「4DREPLAY」の技術を活用し40台のカメラで撮影された映像が閲覧可能

    • 編集された映像で視点操作はできません。
  • (2)
    実施日
    2019年1月12日 (準決勝)~1月13日 (決勝)

2.「4DREPLAY」を活用した自由視点映像配信について

  • (1)
    実施概要
    決勝戦では、「4DREPLAY」の技術を活用し、撮影した自由視点映像を会場内に配備された端末へ配信予定です。お客さまは、専用端末をご利用いただくことにより、春高バレー決勝戦の様子を、目の前の試合と合わせ複数の視点からお楽しみいただけます。
  • (2)
    実施予定日
    2019年1月13日 (決勝)

(参考)「春高バレー」について

1970年に始まった春高バレーは、高校生バレーボールの日本一を競う大会です。日本代表選手の多くを輩出するなど、春高バレーは日本バレーを支える登竜門として重要な役割を担っています。
2011年には全国大会の開催が3月から1月に変更され「全日本バレーボール高等学校選手権大会」を継承、3年生も高校生活最後の大会として参加できるようになり、より大きな舞台となりました。

今回の大会概要および競技日程は、以下のとおりです。

  • ■大会名:
    ジャパネット杯春の高校バレー 第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会
  • ■会場:
    武蔵野の森総合スポーツプラザ
  • ■開催期間:
    2019年1月5日、6日、7日、12日、13日
  • ■競技日程:
    2019年1月5日: 開会式/男女1回戦 (5面・40試合)
    2019年1月6日: 男女2回戦 (4面・32試合)
    2019年1月7日: 男女3回戦、準々決勝戦 (4面・24試合)
    2019年1月12日: 男女準決勝戦 (特設1面・4試合)
    2019年1月13日: 男女決勝戦・閉会式 (特設1面・2試合)

(参考)「4DREPLAY」について

「4DREPLAY」は3次元空間で時間という4次元概念を足した映像制作システムです。カメラの遠隔制御技術と時間制御機能、早い映像処理のための最新アルゴリズムを組み合わせて5秒以内に多角度カメラから映像を収集、再編集し時空間を克服する映像を制作します。この映像を放送局等にリアルタイムに近い速さで伝送することや、モバイルアプリサービスを通じてさまざまな映像に対する組み合わせを各個人が再編集可能とすることで、お客さまに対してこれまでにない映像体験を提供します。

<過去の撮影映像事例>

新規ウィンドウが開きます4DREPLAY-Sample-SK-Incheon

新規ウィンドウが開きます4DREPLAY-Sample-Samsung-Daegu

(参考)「新規ウィンドウが開きますSPORTS BULL (スポーツブル)」について

「SPORTS BULL」は、提携する新聞社ならびに専門媒体の記事コンテンツのキュレーション配信を土台として、競技のハイライト映像ならびにオリジナル番組などの無料動画コンテンツの配信を行っています。現在1日約700本のコンテンツ配信を行っており、今後も記事コンテンツ、動画コンテンツの拡充を行い、無料スポーツメディアとしての価値向上を目指しています。現在は大手全国紙、スポーツ紙系ウェブ媒体を中心に、約60以上の媒体とメディア提携を行っています (2018年12月時点)。
今回、「SPORTS BULL」内に、新規ウィンドウが開きます「バーチャル春高バレー」サイトを開設して、準決勝~決勝 (2019年1月12日~1月13日) のアーカイブ映像を後日配信します。

新規ウィンドウが開きますApp Store

新規ウィンドウが開きますGoogle Play

  • 注1)
    「AR観戦」は2019年1月12日・13日の実施、「4DREPLAY」を活用した自由視点映像の会場内配信は2019年1月13日の実施となります。
  • 注2)
    被写体周囲に複数台のカメラを並べて、アングルを動かしたい方向にそれぞれのカメラを順番に連続撮影していくことで、被写体が静止、ないし低速で動作した状態でカメラアングルが動く映像を生成します。
  • 注3)
    機種やブラウザのバージョンによっては、ご利用いただけない場合があります。
  • 「Google Play」は、Google LLCの商標または登録商標です。
  • その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。