メニューを開く
検索エリア

全国初、小学校の授業で5Gの体験学習を実施

このページを印刷する

~大容量・高精細な映像を授業に活用する学習を実現~

  • 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR)
  • KDDI株式会社
  • 小金井市立前原小学校

2019年1月10日

株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (本社: 京都府相楽郡 (けいはんな学研都市)、代表取締役社長: 浅見 徹、以下 ATR)、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、小金井市立前原小学校 (所在: 東京都小金井市、校長: 松田 孝、以下 前原小学校) は、小学校の授業で次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を活用した動画再生とファイルダウンロードを体験する学習 (以下 本実証試験) を国内で初めて実施しました (該当項目へジャンプします注1)。

<ダウンロードの速さを体感する児童>

<左: 5Gタブレット 右: Wi-Fiタブレット>

本実証試験は、2018年11月21日から2018年12月12日まで、前原小学校 (東京都小金井市) で実施しました。
5Gを活用することで、既存のモバイル通信では実現が困難であった大容量コンテンツの伝送が可能となります。これにより、高精細な映像を活用する学習が可能となり、学校における授業の活性化に寄与することが期待されています。
本実証試験では、前原小学校の体育館に28GHz帯の実験システムを用いたエリアを構築しました。児童は5G対応のタブレットとWi-Fi対応のタブレットを用いて、それぞれの端末で同時に動画再生とファイルダウンロードを行い、5Gの特長の1つである超高速・大容量を体験する授業を行いました。授業の中では、5Gが普及した後の社会について考え、さまざまな意見が出されました。
今回の実証試験は、サムスン電子が提供する「5G エンドツーエンドソリューション」を用いております。

なお、本実証試験は、総務省の技術試験事務における5G総合実証試験 (該当項目へジャンプします注2) として実施しています。

(参考) 各社の役割

1. ATR

総務省の技術試験事務における5G総合実証試験の請負 (該当項目へジャンプします注2)。

URL: 新規ウィンドウが開きますhttps://www.atr.jp/

2. KDDI

5Gのエリア設計・評価。生徒が使用するコンテンツ作成と授業アプリケーションの開発および評価。

URL: 新規ウィンドウが開きますhttp://www.kddi.com/

3. 前原小学校

実証実験場所の提供。先生、生徒による授業の評価。

URL: 新規ウィンドウが開きますhttps://www.maehara.school/

  • 注1)
    ATR調べ。「5G」の高速・大容量通信を活かし、小学校の体育館内において「5G」タブレットから大容量コンテンツの送信。
  • 注2)
    電波を有効に利用できる実現性の高い技術について技術的検討を行い、その技術の早期導入を図ることを目的として、総務省が「技術試験事務」を実施しています。詳細は下記をご覧ください。
    新規ウィンドウが開きますhttp://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/fees/purpose/tectest/

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。