メニューを開く
検索エリア

KDDIとALBERT (アルベルト) による資本業務提携について

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2018年12月11日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、データ分析事業を展開する株式会社ALBERT (本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 松本 壮志、以下 ALBERT) と資本業務提携契約を締結しました。KDDIは、2018年12月17日に発行済み株式の3.09%を約14.1億円で取得する予定です。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、今後あらゆる事業の基盤となるビックデータ分析分野の強化に取り組んでいます。その一環として、2017年2月にデータ分析に関する子会社である株式会社ARISE analytics (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長 家中 仁、以下 ARISE analytics) を設立するなど、データ分析領域に関するアセットの強化に取り組んでいます。

ALBERTは、「分析力をコアとし、顧客の意思決定と問題解決を支援する」ことを経営理念とし、日本屈指のデータサイエンスカンパニーとして、「ビッグデータ分析」や「AIアルゴリズム開発とシステム導入」、「データサイエンティストの育成支援」等を通じて、産業の課題解決に取り組んでいます。また、ALBERTがAIアルゴリズム開発・ビッグデータ分析を通じた触媒機能となり、産業間のAI・データシェアリングを促進することで、早期のAIネットワーク化社会を実現させる「CATALYST戦略 (触媒戦略)」に取り組んでいます。

今回の資本業務提携により、KDDIとALBERTは、ARISE analyticsとともにKDDIグループにおける高度なデータ分析技術の活用と、それにより実現される一人ひとりのお客さまに寄り添ったサービスの提供を目指します。
また、KDDIのデータドリブン経営の加速のため、2018年11月より開始している「データサイエンティスト育成プログラム」の高度化に取り組みます。本育成プログラムでは、KDDIの選抜社員に対し、ARISE analyticsのデータサイエンティストが、ALBERT提供のデータサイエンティスト育成プログラムをカスタマイズしたKDDI向け育成講座を、3カ月間フルタイムで実施しています。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、ARISE analyticsなどKDDIグループが持つ5GやIoTに代表される先進技術を活用したソリューション企画・開発に関わるアセットと、ALBERTが持つデータ分析・データサイエンティスト教育に関わるアセットを融合することで、新しい体験価値を創造していきます。

<参考>

■KDDIの概要

  • (1) 商号
    KDDI株式会社
  • (2) 事業内容
    電気通信事業
  • (3) 設立年月日
    1984年6月1日
  • (4) 本店所在地
    東京都新宿区西新宿2丁目3番2号
  • (5) 代表者
    代表取締役社長 髙橋 誠
  • (6) 資本金
    141,852百万円 (2018年3月31日現在)

■ALBERTの概要

  • (1) 商号
    株式会社ALBERT
  • (2) 事業内容
    データソリューション事業
  • (3) 設立年月日
    2005年7月1日
  • (4) 本店所在地
    東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル15階
  • (5) 代表者
    代表取締役社長 松本 壮志
  • (6) 資本金
    1,300百万円 (2018年11月末時点)

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。