メニューを開く
検索エリア

"三太郎"シリーズのauがCM好感度No.1を受賞

このページを印刷する

~多彩なCMソングが評価され、4年連続で「BRAND OF THE YEAR」に選出~

  • KDDI株式会社

2018年11月30日

KDDIは、CM総合研究所 (本社: 東京都港区、代表: 関根心太郎) より、2018年度 (2017年11月度から2018年10月度) のCM好感度No.1ブランドとして「BRAND OF THE YEAR 2018」に選出されました。2015年度から4年連続の受賞となります。

「2018年度銘柄別CM好感度ランキング」は、CMに関する調査を行うCM総合研究所が、1年間 (前年11月度から当年10月度) に在京キー5局で放送されたすべてのCMを対象に、CM放送効果と消費者への訴求効果が優れた銘柄を発表するもので、2018年度に放送されたCMの総数は全2,463社、7,098銘柄、15,168作品でした。その中からauのCMシリーズ (全47作品) が「2018年度銘柄別CM好感度ランキング」No.1を獲得しました。

"三太郎"シリーズは、桃太郎 (松田翔太)、浦島太郎 (桐谷健太)、金太郎 (濱田岳) の"三太郎"、に加え、かぐや姫 (有村架純)、乙姫 (菜々緒)、織姫 (川栄李奈)、鬼 (菅田将暉) の他、鬼の長男・赤鬼 (鈴木福) も登場し、年間を通して多くの視聴者の皆さまから支持をいただきました。
年始は三太郎たちの笑顔溢れる「笑おう」篇からスタートし、夏には「みんなつくろう」をテーマに浦島太郎の家のアイデアを募集するCMや、秋には浦島太郎の名前の由来が明かされる「家族を話そう。」篇など、三太郎シリーズの新たな展開を評価いただきました。
また、2018年1月にはauのサービスを、より多くのお客さまに深く・広く知っていただくための「意識高すぎ! 高杉くん」シリーズを開始し、高校生の高杉くん (神木隆之介) と同級生の松本さん (松本穂香)、そして転校生の細杉くん (中川大志) らによって繰り広げられるストーリーもご好評をいただきました。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、今後も視聴者の皆さまの期待に応えられるよう、「あたらしい自由。au」を体現し、楽しんでいただけるようなCMを展開していきます。

新規ウィンドウが開きますCM総合研究所

auのCMはスペシャルサイト、ならびにau公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。
新規ウィンドウが開きますhttp://www.au.kddi.com/pr/3taro/
新規ウィンドウが開きますhttp://www.youtube.com/user/aubyKDDIofficial (YouTube公式チャンネル)


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。