メニューを開く
検索エリア

KDDI、「ケーブルプラスSTB-2」の提供開始

このページを印刷する

~新4K放送視聴や音声操作による新しい体験価値を提案~

  • KDDI株式会社

2018年11月20日

KDDIは、新4K衛星放送に対応したケーブルテレビ用セットトップボックス (以下 STB)「ケーブルプラスSTB-2」を、2019年4月より導入します。これに先立ち、2018年12月よりケーブルテレビ事業者向けにサンプル機として提供を開始します。

「ケーブルプラスSTB-2」は、音声検索やレコメンド機能などで評価をいただいている「ケーブルプラスSTB」(該当項目へジャンプします注1) の進化版で、新4K衛星放送の視聴に加え、お客さまがさらに豊かなライフスタイルをデザインできるように、音声による「シームレスな検索」、「テレビ操作」(該当項目へジャンプします注2)、「家電連携」などが利用可能となります。

KDDIは「ケーブルプラスSTB-2」を通じて、さらに新しい視聴スタイルと体験価値を提案していきます。

<ケーブルプラスSTB-2~薄型でコンパクトなサイズ~>

1. より高精細な視聴体験

2018年12月1日より開始される新4K衛星放送に対応。フルハイビジョンの4倍となる高精細な映像の視聴や録画 (該当項目へジャンプします注3) が可能です。

2. より多彩な映像体験

「ケーブルプラスSTB-2」のリモコンのマイクボタンを押して話しかけるだけで、さまざまな放送番組やネット動画、録りためた録画映像など、観たいものがすぐに検索できる機能を備えています。

3. 新たなライフスタイルの体験

「ケーブルプラスSTB-2」の進化は映像視聴に加え、リモコンのマイクボタンから音声でテレビのチャンネルを変えたり、エアコンをつけるなどの家電操作 (該当項目へジャンプします注4) が可能です。また、「Google Home」を利用して、ハンズフリー操作もできます。

その他にも、以下の充実した機能を搭載しています。

  • [1]
    BS 4K放送及びBS 2K 放送のトランスモジュレーション方式、パススルー方式の双方に対応しています (該当項目へジャンプします注5)。
  • [2]
    放送と通信を連携させたハイブリットキャストを搭載。4K映像配信に対応し、通信機能を使ってデータ放送よりも高度でリッチな双方向サービスを実現します。
  • [3]
    Android (TM) TV搭載により、OTT (該当項目へジャンプします注6) などさまざまなインターネット動画がテレビの大画面で視聴できます (該当項目へジャンプします注7)。

KDDIは「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提供し続ける会社"として、ケーブルテレビ事業者と連携し、お客さまの日常を便利で豊かにする、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。

  • Google、Google Home、Android TVは、Google LLCの商標です。

<別紙>

1.「ケーブルプラスSTB-2」について

本体 サイズ (外観) 約240mm x 約172mm x 約33mm
質量 約600g
プラットフォーム Android TV 8.0
通信機能 LAN 1ポート: 10Base-T/100Base-TX/1000Base-T
無線LAN (クライアント): IEEE802.11a/b/g/n/ac 2×2 MIMO
TV機能 地デジ: 3系統 (トランスモジュレーション、パススルー)
BS: 3系統 (トランスモジュレーション、パススルー)
新4K放送: 3系統 (トランスモジュレーション、パススルー)
CATV: 3系統 (トランスモジュレーション)
CAS: ACAS/C-CAS
接続端子

USB3.0 x 1系統 (後面)/2.0 x 1系統 (前面)

  • 録画用HDDは3.0のみ対応
標準搭載アプリ ブラウザ、YouTube、等を予定
リモコン サイズ (外観) 約48mm x 約220mm x 約23mm
使用電源 DC3V (単3型乾電池2個使用)
通信方式
  • Bluetooth Low Energy (STB 向け)
  • 赤外線 (テレビ向け)

2. 提供開始日

2019年4月以降順次

  • 提供開始日は提携事業者ごとに異なります。

3.「ケーブルプラスSTB-2」提携事業者

サービス提供エリアおよび提供事業者の詳細は、順次新規ウィンドウが開きますホームページにてお知らせします (該当項目へジャンプします注8)。

<注釈一覧>

  • 注1)
    現行の「ケーブルプラスSTB」は全国29都道府県のケーブルテレビ会社40局でご利用可能です。
  • 注2)
    接続された「ケーブルプラスSTB-2」による操作となります。
  • 注3)
    録画には外付けHDDが別途必要です。
  • 注4)
    au HOMEなどのご契約・設定が必要となります。
  • 注5)
    ケーブルテレビ事業者により放送配信の方式が異なります。
  • 注6)
    動画・音声などのコンテンツ・サービスを提供する事業者。
  • 注7)
    ご利用には、インターネット環境が必要となります。
  • 注8)
    現行機「ケーブルプラスSTB」の提携事業者は新規ウィンドウが開きますホームページをご参照ください。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。