メニューを開く
検索エリア

貯蓄だけではもったいない。ワカモノの4人に1人が投資経験者。「貯蓄テクより投資テクを磨きたい」20代男性の半数超。「資産運用でお金を増やしたい」30代男性の6割超。「家事力より資産運用力の高い人が理想のパートナー」女性の半数超。

このページを印刷する

~『ワカモノの資産運用に関する調査2018』を発表~

  • KDDI株式会社

2018年10月24日

KDDIは、全国の20歳~39歳の有職男女1,000名を対象に『ワカモノの資産運用に関する調査2018』を実施しました。

人生100年時代といわれる現在、私的年金制度であるiDeCo (個人型確定拠出年金) など、長期的な資産形成に適した制度が開始され、資産運用方法において選択の幅が広がっています。資産運用・投資に対する意識調査結果をまとめましたのでお知らせします。

調査により、「資産運用でお金を増やしたい」という人は半数以上となり、資産運用に意欲的な人が多数派であることが分かりました。20代男性では半数を超える人が「人生100年時代に磨きたいのは貯蓄テクニックより投資テクニック」と回答するなど、投資に対する関心の高まりが伺い知れます。

<おもな調査結果>

○ワカモノの資産運用に関する意識
  • 該当項目へジャンプします【1】
    • 「資産運用でお金を増やしたい」ワカモノの半数以上。30代男性では6割超。
    • 「資産運用は難しいと思う」約8割。
  • 該当項目へジャンプします【2】
    • 「公的年金は国が運営・管理していても不安だ」女性の約8割。
    • 「公的年金の積立金運用は不透明だと感じる」女性の9割。
    • 「老後は公的年金のみでは生活できないと思う」女性の9割超。
  • 該当項目へジャンプします【3】
    • 「家事力より資産運用力の高い人が理想のパートナー」女性の半数超。
  • 該当項目へジャンプします【4】
    • 「人生100年時代、貯蓄テクより投資テクを磨きたい」20代男性の半数超。
○ワカモノの投資に関する意識
  • 該当項目へジャンプします【1】
    • 「投資経験がないのは恥ずかしい」10.0%。
    • 「若いうちに投資テクニックを磨きたい」30代男性の52.0%。
  • 該当項目へジャンプします【2】
    • 攻めよりも守りを重視。資産運用では女性の約8割が「ディフェンダータイプ」。
  • 該当項目へジャンプします【3】
    • 貯蓄だけではもったいない。ワカモノの4人に1人が投資経験者。
    • 投資経験者の約2割が「iDeCo」を資産運用で活用したい。
  • 該当項目へジャンプします【4】
    • 投資経験者の約2割が「iDeCo」の活用の仕方を学びたい。
  • 該当項目へジャンプします【5】
    • 女性の約6割は資産運用を優秀なAIより優秀なファンドマネージャーに任せたい。
      男性では優秀なAIに任せたい人が多数派。
  • 該当項目へジャンプします【6】
    • これが実現したら投資を行いたい気持ちが強くなる。
      「スマホで資産運用・資産管理ができるなら」投資デビュー前の人では3割強が回答。
○iDeCo (個人型確定拠出年金) に関する意識
  • 該当項目へジャンプします【1】
    • 「iDeCo」の認知率は51.9%。
  • 該当項目へジャンプします【2】
    • ワカモノが感じるiDeCoの魅力1位は「運用益が非課税」。
○胸キュンするお金の使い方に関する意識
  • 該当項目へジャンプします【1】
    • 「投資上手」に胸キュンする人は約3割。東海女子では約4割。
○資産運用を任せたい有名人と芸能界の上昇株に関する意識
  • 該当項目へジャンプします【1】
    • 自分の資産運用を任せたい有名人1位「堀江貴文さん」2位「池上彰さん」。
    • カワイさ急上昇株だと思う女性芸能人1位「石原さとみさん」2位「新垣結衣さん」。
    • カッコよさ急上昇株だと思う男性芸能人1位「竹内涼真さん」2位「菅田将暉さん」。
    • 人気急騰株だと思うアイドルグループ1位「乃木坂46」2位「King & Prince」。

<調査の背景>

「人生100年時代」といわれる超長寿社会が到来しつつある日本において、個人がゆとりある老後の生活を実現するためには、計画的な資産形成を早めに開始していく必要があるのではないかと考えられています。近年はiDeCo (個人型確定拠出年金) など、長期的な資産形成に適した制度が拡充され、資産運用方法の選択の幅は広がっているといえます。
こうした状況のなか、ワカモノ世代の資産運用・投資に関する意識や実態について明らかにするため、調査結果をまとめました。

<調査概要と回答者プロフィール>

調査対象 20歳~39歳の有職男女
(ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員が母集団)
調査期間 2018年6月22日~6月26日
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
有効回答数 1,000件 (有効回答から、男女・世代別が均等になるように抽出)
(内訳)
男性500名 (20代・30代 各250名)
女性500名 (20代・30代 各250名)

[性別] [年代]

[居住地]

詳細は、別紙をご参照ください。


<別紙>

【ワカモノの資産運用に関する意識】

【1】資産運用について

「資産運用でお金を増やしたい」ワカモノの半数以上。30代男性では6割超。
「資産運用は難しいと思う」約8割。

資産運用でお金を増やしたいと思うワカモノは53.9%と半数以上となった。
性年代別にみると、「増やしたい」と思う人の割合が最も高いのは30代男性 (60.8%) で6割を超えた。

資産運用は難しいと思う人 (78.6%) は約8割となった。
男女別にみると、男性では73.2%、女性では84.0%と、女性の苦手意識の高さが明らかになった。

資産運用でお金を増やしたい [単一回答形式]

資産運用は難しいと思う [単一回答形式]

【2】公的年金について

「公的年金は国が運営・管理していても不安だ」女性の約8割。
「公的年金の積立金運用は不透明だと感じる」女性の9割。
「老後は公的年金のみでは生活できないと思う」女性の9割超。

公的年金は国が運営・管理していても不安だという人は71.8%となった。
男女別にみると、「不安だ」という人の割合は、女性では76.4%と約8割となった。

公的年金の積立金運用は不透明だと感じる人は82.3%となった。
男女別にみると、男性では75.2%、女性では89.4%と、不透明だと感じる人は女性のほうが多い。

公的年金に関して、自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

公的年金に関して、自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

将来、受給できる年金額が掛金以上になると思わないという人は83.0%となった。
男女別にみると、男性では77.0%、女性では89.0%となった。

老後の生活について、公的年金のみでは生活できないと思う人は86.0%となった。
男女別にみると、女性では91.6%と9割を超えた。

公的年金に関して、自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

公的年金に関して、自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

【3】資産運用力の高い人に対する意識について

「家事力より資産運用力の高い人が理想のパートナー」女性の半数超。

理想のパートナーは、「資産運用力が高い人」と「家事力が高い人」では、どちらが近いか聞いたところ、「家事力が高い人」を選んだ人は53.4%で、「資産運用力が高い人」(46.6%) よりも高くなった。
男女別にみると、男性は「家事力が高い人」(62.2%) が多数派、女性は「資産運用力が高い人」(55.4%) が多数派だった。

自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

【4】人生100年時代に磨きたいテクニックについて

「人生100年時代、貯蓄テクより投資テクを磨きたい」20代男性の半数超。

人生100年時代に磨きたいテクニックは、「投資テクニック」と「貯蓄テクニック」では、どちらが近いか聞いたところ、「投資テクニック」という人は39.1%、「貯蓄テクニック」という人は60.9%となった。
性年代別にみると、「投資テクニック」を磨きたいという人は20代男性 (50.8%) で最も多く、半数を超えた。

自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

【ワカモノの投資に関する意識】

【1】投資経験に対する意識について

「投資経験がないのは恥ずかしい」10.0%。
「若いうちに投資テクニックを磨きたい」30代男性の52.0%。

投資経験がないのは恥ずかしいと感じる人の割合は10.0%となった。
男女別にみると、男性では14.4%、女性では5.6%となった。

若いうちに投資テクニックを磨きたいと考える人は47.2%と約半数となった。
性年代別にみると、「若いうちに磨きたい」という人は30代男性 (52.0%) で最も多く、半数以上となった。

投資経験がないのは恥ずかしい [単一回答形式]

若いうちに投資テクニックを磨きたい [単一回答形式]

【2】資産運用のタイプについて

攻めよりも守りを重視。資産運用では女性の約8割が「ディフェンダータイプ」。

資産運用をするなら、自分は「攻める (フォワード) タイプ」と「守る (ディフェンダー) タイプ」では、どちらが近いか聞いたところ、「フォワードタイプ」が29.9%、「ディフェンダータイプ」が70.1%となった。
男女別にみると、「ディフェンダータイプ」が男性では58.8%、女性では81.4%と、攻めより守りを重視する人の割合は男性よりも女性が高い結果となった。

自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

【3】投資経験と活用したい資産運用方法について

貯蓄だけではもったいない。ワカモノの4人に1人が投資経験者。
投資経験者の約2割が「iDeCo」を資産運用で活用したい。

投資経験がある人は24.9%となり、ワカモノの4人に1人が投資経験者だった。
男女別にみると、男性では34.4%、女性では15.4%となった。
性年代別にみると、投資経験がある人は30代男性 (42.0%) に多く、4割以上となった。

投資経験がある [単一回答形式]

投資経験者 (249名) に、資産運用でこれから (または、これからも) 活用したいものを聞いたところ、1位「株式投資」(57.0%)、2位「定期預金・貯金」(47.4%)、3位「投資信託」(44.6%) となった。「個人型確定拠出年金 (iDeCo)」を選んだ人の割合は17.3%となった。

これから (または、これからも) 活用したいもの [複数回答形式] 対象: 投資経験者

【4】投資経験者が活用の仕方を学びたい資産運用方法について

投資経験者の約2割が「iDeCo」の活用の仕方を学びたい。

投資経験者 (249名) に、資産運用で活用の仕方を学びたいものを聞いたところ、1位「株式投資」(46.6%)、2位「投資信託」(28.1%)、3位「FX (外国為替証拠金取引)」(18.9%) となった。「個人型確定拠出年金 (iDeCo)」を選んだ人の割合は16.1%となった。

活用の仕方を学びたいもの [複数回答形式] 対象: 投資経験者

【5】資産運用を任せたい相手について

女性の約6割は資産運用を優秀なAIより優秀なファンドマネージャーに任せたい。
男性では優秀なAIに任せたい人が多数派。

資産運用を任せるとしたら「優秀なAI」と「優秀なファンドマネージャー」では、どちらに任せたいか聞いたところ、「優秀なファンドマネージャー」(53.3%) が「優秀なAI」(46.7%) を上回った。
男女別にみると、男性では「優秀なAI」(52.2%)、女性では「優秀なファンドマネージャー」(58.8%) が多数派となった。

自身の考えは【P】と【Q】のどちらに近いか [単一回答形式]

【6】投資意欲が高まることについて

これが実現したら投資を行いたい気持ちが強くなる。
「スマホで資産運用・資産管理ができるなら」投資デビュー前の人では3割強が回答。

投資未経験者 (751名) に、どのようなことが実現したら、投資を行ってみたいという気持ちが強くなると思うかを聞いたところ、1位「少額から投資できる」(33.6%)、2位「スマホで資産運用・資産管理ができる」(32.5%)、3位「手数料が無料 (買付手数料など)」(28.5%) となった。「手続きがスマホで簡単にできる (口座開設や買付など)」(22.0%) や「節税になる (所得控除になるなど)」(20.2%)、「スマホアプリが使いやすい」(20.1%) と回答した人の割合はそれぞれ2割以上という結果になった。

どのようなことが実現したら、投資を行ってみたいという気持ちが強くなるか [複数回答形式] 対象: 投資未経験者

【iDeCo (個人型確定拠出年金) に関する意識】

【1】iDeCoの認知率について

「iDeCo」の認知率は51.9%。

2002年から開始されたiDeCo (個人型確定拠出年金) は、毎月一定の掛金を投資信託や定期預金などに積み立て、60歳以降に年金または一時金で受け取る私的年金制度である。

iDeCoの認知率 (「知っていた」人の割合) は51.9%、iDeCoを魅力的だと思う人の割合は46.7%だった。
男女別にみると、認知率は男性では57.6%、女性では46.2%となった。

iDeCo (個人型確定拠出年金) という制度があることについて [単一回答形式]

【2】iDeCoの魅力について

ワカモノが感じるiDeCoの魅力1位は「運用益が非課税」。

iDeCoのいくつかの特徴について、それぞれ魅力的だと感じる人の割合をみると、「運用益が非課税になること」では58.8%、「年間の掛金の全額が所得控除の対象になること」では57.5%だった。「2017年1月から、企業年金のあるサラリーマンや公務員、専業主婦も加入が認められたこと」では56.7%、「月額5,000円から始められること」では56.6%、「証券会社や銀行、投資信託会社を通じて加入できること」では50.4%という結果となった。

iDeCo (個人型確定拠出年金) の特徴について、魅力的だと感じるか [各単一回答形式] ※『魅力的だと感じる (計)』(「知っていたし、魅力的だと思う」と「知らなかったが、魅力的だと思う」の合計) を表示

【胸キュンするお金の使い方に関する意識】

【1】胸キュンするお金の使い方について

「投資上手」に胸キュンする人は約3割。東海女子では約4割。

パートナー (恋人・配偶者) がどのようなお金の使い方が上手だったら、胸キュンするか (ステキだ・頼もしいと思うか) を聞いたところ、1位「貯蓄上手」(48.0%)、2位「投資上手 (株、投資信託など)」(27.9%)、3位「絆消費上手」「コト消費上手」(同率19.2%) となった。
男女・居住地別にみると、「投資上手」を選んだ人の割合が最も高いのは東海地方在住の女性 (38.0%) で約4割となった。

パートナー (恋人・配偶者) がどのようなお金の使い方が上手だったら胸キュンするか (ステキだ・頼もしいと思うか) [複数回答形式]

【資産運用を任せたい有名人と芸能界の上昇株に関する意識】

【1】資産運用を任せたい有名人と芸能界の上昇株について

自分の資産運用を任せたい有名人1位「堀江貴文さん」2位「池上彰さん」。
カワイさ急上昇株だと思う女性芸能人1位「石原さとみさん」2位「新垣結衣さん」。
カッコよさ急上昇株だと思う男性芸能人1位「竹内涼真さん」2位「菅田将暉さん」。
人気急騰株だと思うアイドルグループ1位「乃木坂46」2位「King & Prince」。

自分の資産運用を任せたい有名人を聞いたところ、1位「堀江貴文さん」、2位「池上彰さん」、3位「林修さん」となった。

資産運用を任せたい有名人 [自由回答形式] ※上位5位までを表示

"上昇株"のイメージにあてはまると思う芸能人について、カワイさが急激に上昇している女性芸能人を聞いたところ、1位「石原さとみさん」、2位「新垣結衣さん」、3位「広瀬すずさん」となった。

カッコよさが急激に上昇している男性芸能人を聞いたところ、1位は「竹内涼真さん」、2位は「菅田将暉さん」、3位は「玉木宏さん」だった。

人気が急激に上昇しているアイドルグループを聞いたところ、1位は2017年に日本レコード大賞を受賞した「乃木坂46」、2位は2018年にCDデビューした「King & Prince」、3位は「欅坂46」「嵐」という結果となった。

上昇株のイメージに当てはまると思う芸能人 [各自由回答形式] ※各上位5位までを表示


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。