メニューを開く
検索エリア

自転車の危険運転を体感できるVRコンテンツを「KDDI えらべるVR」で提供開始

このページを印刷する

~丁字路における走行、無灯火運転の危険性を啓蒙し、安全・安心に利用できる社会を目指す~

  • KDDI株式会社

2018年9月27日

KDDIは2018年10月1日より、自転車による走行時に危険な「丁字路での走行」「無灯火運転」をバーチャル空間で体験でき、その危険性の啓蒙を目的としたVRコンテンツ「自転車の危険運転~丁字路での走行~体験VR」と「自転車の危険運転~無灯火運転~体験VR」の提供を開始します。

<丁字路での走行>

<無灯火運転>

「自転車の危険運転~丁字路での走行~体験VR」(以下 本コンテンツ) では丁字路における右側走行と左側走行の視野の違いを、「自転車の危険運転~無灯火運転~体験VR」(以下 本コンテンツ) では、夜間に無灯火で走行する自転車と灯火走行する自転車の見え方の違いを体験いただけます。

「自転車の危険運転をVRで体験【丁字路走行編】」

動画が視聴できない方は新規ウィンドウが開きますこちら

「自転車の危険運転をVRで体験【無灯火運転編】」

動画が視聴できない方は新規ウィンドウが開きますこちら

本コンテンツは、VRの活用を検討する法人のお客さま向けに、デバイスの選定からネットワーク、コンテンツ制作、映像を表示させるためのプラットフォームまでをワンストップで提供するパッケージサービス「新規ウィンドウが開きますKDDI えらべるVR」のコンテンツラインアップに追加し、2018年10月1日より提供します。

また、本コンテンツは、2018年9月29日アリオ川口店 (埼玉県・川口市) で開催される、新規ウィンドウが開きます自転車交通安全PRイベントのau損保ブースにて先行体験いただけます。

KDDIは「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、お客さまの幅広い生活シーンにおける新しい体験価値を創造していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。