メニューを開く
検索エリア

KDDI、アイサンテクノロジー、ティアフォー 全国初、公道における無人自動運転車の遠隔制御に成功

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • アイサンテクノロジー株式会社
  • 株式会社ティアフォー

2017年12月14日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下 KDDI)、アイサンテクノロジー株式会社 (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 加藤 淳、以下 アイサンテクノロジー)、株式会社ティアフォー (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 武田 一哉、以下 ティアフォー) は、2017年12月14日、愛知県による平成29年度「自動走行実証推進事業」における幸田町での実証走行デモンストレーションとして、日本で初めて一般公道における遠隔制御型自動運転システムの実験を実施 (注) し、レベル4 (無人運転) 自動運転に成功しました。

バスやタクシーなどが自動運転化されていく時代において安全な運転を実現するためには、走行状態を監視し、危険が生じた際に遠隔での車両制御を実施することが必須条件となっています。
また、人や障害物など動的情報をカメラで監視し、リアルタイムに判断・制御するためには、データ通信の安定性が重要となり、自動運転に適した通信ネットワークの構築が必要になります。

本実証実験は、運転席を無人の状態としたうえで、事前に構築した高精度地図をもとに車を自動走行させ、衝突などの危険を察知した場合に緊急停止などを行う遠隔制御に成功しました。

KDDI、アイサンテクノロジー、ティアフォーは、今後も、各社の持つ要素技術を連携しながら、安心安全なカーライフの実現を目指して参ります。

  • 注)
    警察庁が平成29年6月1日に策定・公表した「遠隔型自動運転システムの公道実証実験に係る道路使用許可の申請に対する取扱いの基準」をもとに実施

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:KDDI、アイサンテクノロジー、ティアフォー 全国初、公道における無人自動運転車の遠隔制御に成功


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。