メニューを開く
検索エリア

IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験開始のお知らせ

このページを印刷する

~宮古島マンゴーの安定生産と促進栽培を目指した取り組み~

  • 沖縄セルラー電話株式会社
  • KDDI株式会社
  • 株式会社スカイディスク
  • 国立大学法人琉球大学

2017年3月23日

沖縄セルラー電話株式会社 (代表取締役社長: 湯淺英雄、以下 沖縄セルラー)、KDDI株式会社 (代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI)、株式会社スカイディスク (代表取締役 CEO: 橋本 司、以下 スカイディスク)、国立大学法人琉球大学 (工学部: 玉城史朗教授、以下 琉球大学) は、2017年4月より、マンゴー農場長北ファーム (宮古島) 内で、IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験を開始します。

この度の実証実験は、IoTを活用することで、農家にとって重要な問題であるマンゴーハウス内の異常高温や低温、乾燥、高湿度、日照不足、生育不足といった栽培状況を監視できるほか、マンゴーハウス内の状況に応じてLED補光や二酸化炭素の局所添加で補い (注)、マンゴーの栽生育不良の改善、増収、栽培期間の短縮化を目指します。
また、省電力かつ広域なエリアカバレッジを特長とするIoT向け通信技術LPWAネットワークの一つ「LoRaWAN (TM)」を活用することで、様々な場所でのマンゴーハウスにおいて導入が容易になり、実用化に向けた可能性を検証していきます。

沖縄セルラー、KDDI、スカイディスク、琉球大学は、IoTを活用して幅広く農業分野に役立てていくことを目指します。

  • 注)
    LED補光や二酸化炭素の局所添加によるマンゴーの栽培促進については、2016年10月より、財団法人 沖縄県科学技術振興センターが公募した沖縄科学イノベーション構築事業に採択された実証実験として、マンゴー農場の協力を得て行っています。

【実証実験期間】2017年4月~2019年3月

【実証実験場所】マンゴー農場長北ファーム (沖縄県 宮古島市)

【各社の取り組み】

  • ■沖縄セルラーの取り組み

    • LEDや反射シートによる補光実験
      植物工場でのノウハウを活用し、日照不足の問題をLEDや反射シートを使って補光するシステムの開発実験を行います。

      <補光実験の様子>

  • ■KDDIの取り組み

    • LPWAネットワークの運用とプラットフォーム構築
      「LoRaWAN (TM)」のエリア化ならびにネットワークの運用を行います。また、この度の実証実験において取得するデータを、今後のIoTサービスに活用するためのプラットフォームを構築します。

      <ネットワーク構成図>

  • ■スカイディスクの取り組み

    • ハウス内の環境測定とデータ分析
      「LoRaWAN (TM)」に対応したセンサーの提供のほか、マンゴーハウス内の異常高温や低温、乾燥、高湿度、日照不足、などのデータを観測するIoTセンサーデバイス「SkyLogger (R)」を提供します。
      「SkyLogger (R)」を利用することで観測データを一括で管理・分析が可能になるほか、スマートフォンでも監視状況を確認できます。また、異常値を検知した際はスマートフォンに通知されるため、不測の事態においてリアルタイムに対応することができます。

      <IoTセンサーデバイス「SkyLogger (R)」>

  • ■琉球大学の取り組み

    • 二酸化炭素 (CO2) の局所添加
      光合成のタイミングでの二酸化炭素 (CO2) の局所添加による技術によるマンゴーの栽培の促進向上を目指して行きます。

      <各社の取り組み>

    • LoRaWANは、Semtech Corporation.の登録商標です。
    • SkyLoggerは、スカイディスクの登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。