メニューを開く
検索エリア

VRを活用した学習コンテンツでauが学びをサポート タイムトリップミュージアム「明治神宮表参道ケヤキ並木の100年」を公開

このページを印刷する

■タイムトリップミュージアム「明治神宮表参道ケヤキ並木の100年」について

1. 概要

タイムトリップミュージアム「明治神宮表参道ケヤキ並木の100年」は、表参道の3スポット (表参道交差点周辺、明治神宮交差点周辺、表参道ヒルズ周辺) の視点から、現在の表参道と、過去100年の表参道の変化、ケヤキの成長を、VRを用いて「タイムトリップ」し、表参道と表参道のケヤキ並木の100年の歴史を学ぶことができる学習コンテンツです。
1920年「明治神宮」と明治神宮の参道「表参道」が完成し、翌年には201本のケヤキが植えられ、表参道とケヤキ並木の長い歴史がスタートします。ケヤキ並木は、表参道が誕生してから現在に至るまで、1945年の空襲、原宿セントラルアパートの誕生、「竹の子族」の登場、「歩行者天国」のスタート、クリスマスイルミネーション、そして「表参道ヒルズ」オープンなど、めまぐるしい変化を見守ってきました。
本コンテンツは、表参道とケヤキ並木の100年の歴史を学び、次の100年をどう受け継いでいくかを考えるきっかけとなること目的としています。

2. 公開日

2016年8月31日

3. ご利用料金

無料

  • 別途、パケット通信料がかかります。

4. ご利用方法

YouTubeまたはYouTubeアプリ上で、360度動画として視聴いただけます。

  • 360°動画を視聴するには、パソコン用のChrome、Opera、Firefox、またはInternet Explorerの最新バージョンが必要です。
  • 携帯端末の場合は、最新バージョンのAndroidまたはiOS向けYouTubeアプリを使用します。
  • auの方以外もご利用いただけます。

5. コンテンツ内容

<Part1>表参道交差点周辺 ~表参道のはじまり、そして大空襲の被害に~ (1920年~1959年)

Part1では、1920年の明治神宮完成に伴う表参道とケヤキ並木の誕生、1923年に発生した関東大震災と復興に伴って建設された鉄筋コンクリート造りの「同潤会アパート」、そして1945年の山の手大空襲による多大な被害など、表参道のケヤキ並木の誕生から成長、そして戦争から復興までの時代について学ぶことができます。

<Part2>明治神宮交差点周辺 ~街の発展とケヤキの保護へ~ (1950年~1989年)

Part2では、1950年代にアメリカ文化の影響を大きく受けて発展した街の様子、1960年代に誕生した「原宿族」と呼ばれた新たなファッションスタイル、そして1970年代に「ラフォーレ原宿」や「歩行者天国」と共に登場した「アンノン族」「竹の子族」と呼ばれる若者たちについて紹介されています。また、1981年にスタートした表参道の商店会「原宿シャンゼリゼ会 (現 原宿表参道欅会)」によるケヤキ並木の保護活動など、表参道の街の発展に伴うケヤキ並木の成長と保護活動について学ぶことができます。

<Part3>表参道ヒルズ周辺 ~そして現在の表参道ケヤキ並木へ~ (1990年~現在)

Part3では、1991年に開始された「クリスマスイルミネーション」、海外ブランドの基幹店が多く立ち並ぶ街並みの様子、「ウラハラ」と呼ばれるファッションブームの到来、そして2006年に開業した「表参道ヒルズ」などについて、さらに、ケヤキの保護活動が実り、1921年には高さ40cmだったケヤキが現在の高さ24mにまでに成長した姿について学ぶことができます。

■いのちの森、グリーンコリドープロジェクトについて

  • いのちの森
    いのちの森 (代表: 野中ともよ 企画運営: NPO法人響) は、いのちを大切にする持続可能な社会作りを目指し、趣旨に賛同する市民とともに、2009年から明治神宮の森を会場に、多様な取り組みを通じて環境問題の意識を啓発してきました。国境や世代を超えて人が集う「アースデイいのちの森」を毎年4月に行い、美しい自然と共に生きる喜びを分かち合う野外環境祭典など、豊かな未来の創造に寄与しています。
  • グリーンコリドープロジェクト
    1920年の明治神宮造営とともに創られた森と、明治神宮内苑から伸びる参道 (表参道、北参道、青山通り) を通り、明治神宮外苑一帯を緑で覆い、多くのいきもの達が行き来できる、緑の回廊 (グリーンコリドー) 作りを目指すプロジェクトです。
  • 「Android」、「YouTube」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • 「iPhone」、「iOS」、は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
    iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • 「Galaxy」は、Samsung Electronics Co.,Ltd.の商標または登録商標です。
  • その他社名および商品名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。