メニューを開く
検索エリア

「KDDI Open Innovation Fund」によるAugust Home (オーガスト ホーム) Inc.への出資について

このページを印刷する

~スマートホーム市場の拡大を見据えた、IoT企業へ出資~

  • KDDI株式会社

2015年3月30日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI) は、グローバル・ブレイン株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 百合本 安彦) が運営するコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて、デザインと機能を兼ね備えたスマートロック (注1) を提供する、August Home, Inc. (以下、August) へ出資を行いました。

Augustは、スマートフォンを近づけるだけで鍵の開閉を可能にする「August Smart Lock (オーガスト スマート ロック)」を提供する米国拠点の企業です。「August Smart Lock」は、2014年10月より全米のApple Storeの店頭で販売されています。また、2015年2月には、Wi-Fi経由で「August Smart Lock」を遠隔操作したり、他のスマートホーム機器との連携利用を可能とする新製品「August Connect」を発表しています。同社は、「人と住環境をシームレスに繋げる」を理念に、今後も多くのスマートホーム機器を提供していく予定です。

欧米のスマートホーム市場は急速に拡大しており、2017年には3,600万世帯にまで普及すると言われています (注2)。中でもスマートロックは、今後、オフィスビル・住宅・ホテルなど多くの領域での需要拡大が期待されています。KDDIは、インテリアとしても洗練された商品を提供する同社を、スマートホーム市場における有望なスタートアップ企業であると判断し、資本提携を行いました。Augustが日本進出を検討する際には、マーケティング、ビジネス開発など様々な支援を行っていく予定です。

KDDIは、今後も有望なスタートアップ企業への出資を通じて、来るべきIoT (注3) 時代を見据えた新たな価値をお客さまに提供していきます。

  • 注1)
    スマートロック:ドアの鍵部分に専用機器を取り付けることで、スマートフォンで鍵の開閉が可能となるサービス
  • 注2)
    2013年11月「Berg Insights」調べ
  • 注3)
    IoT: Internet of Thingsの略。コンピュータなどの情報・通信機器だけではなく、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:「KDDI Open Innovation Fund」によるAugust Home (オーガスト ホーム) Inc.への出資について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。