メニューを開く
検索エリア

「KDDI ∞ Labo」パートナー連合プログラムの開始と「KDDI Open Innovation Fund」2号ファンドの設立について

このページを印刷する

~スタートアップ企業の支援体制を強化し、ICTによるイノベーション創出を推進! ~

No.2014-121

  • KDDI株式会社

2014年7月14日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI) は、スタートアップ企業支援をさらに強化するため、スタートアップ企業やエンジニアを対象としたインキュベーションプログラム「KDDI ∞ Labo」第7期において「パートナー連合プログラム」を新たに開始します。また、コーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」において、新たに「KDDI新規事業育成2号ファンド」(運営会社: グローバル・ブレイン株式会社、予定運用総額50億円、以下2号ファンド) を設立します。

「KDDI ∞ Labo」の「パートナー連合プログラム」は、スタートアップ企業の持つ革新的なアイデアや開発スピードに、既存企業の持つ開発環境や情報などのリソースを掛け合わせることで、イノベーションの創出を目指す新たな取り組みです。コクヨ株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、株式会社テレビ朝日、プラス株式会社、三井物産株式会社をはじめ、「KDDI ∞ Labo」の主旨に賛同する多種多様な企業13社が参加します。
賛同企業各社の持つアセットやノウハウを結集することにより、プログラムに参加するスタートアップ企業の支援範囲を拡大するとともに、スタートアップ企業と既存企業とが一体となった新サービスの創出を目指します。

また、コーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」(1号ファンド) は、2012年2月に設立後、「Eコマース」「メディア」「O2O」「ゲーム」等のインターネットサービスを中心に、国内15社、海外9社の計24社へ出資を行ってきました。今回設立する2号ファンドでは、ネットとリアルの融合により新たなイノベーション創出が見込める先進的なサービスや技術に対し、積極的に出資を行っていく予定です。

KDDIは、先進的なICTを活用した新たな価値をお客さまに提案するため、今後も有望なスタートアップ企業の育成・支援に注力していきます。

「KDDI Open Innovation Fund」および「KDDI ∞ Labo」に関する情報は、下記公式ホームページからもご確認いただけます。

新規ウィンドウが開きますhttp://www.kddi.com/ventures/

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:「KDDI ∞ Labo」パートナー連合プログラムの開始と「KDDI Open Innovation Fund」2号ファンドの設立について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。