メニューを開く
検索エリア

会社分割 (簡易吸収分割) に関するお知らせ

このページを印刷する

2020年7月31日

KDDI株式会社

当社は、2020年7月31日開催の取締役会において、2020年11月1日を効力発生日 (予定) とする会社分割の方法により、当社の営むオープンユーザー向け宅配水事業 (以下「本件事業[1]」) を富士山の銘水株式会社 (本社: 山梨県富士吉田市、代表取締役社長: 粟井 英朗) に承継させること (以下「本会社分割[1]」) 、及び、2021年2月1日を効力発生日 (予定) とする会社分割の方法により、当社の営むauユーザー向け宅配水事業 (以下「本件事業[2]」、本件事業[1]と併せて「本件事業」) を富士山の銘水株式会社に承継させること (以下「本会社分割[2]」、本会社分割[1]と併せて「本会社分割」) を決議いたしましたので、お知らせいたします。
本会社分割は、当社の総資産の増加または減少額が直前事業年度の末日における純資産額の10%未満かつ、売上高の増加または減少額が直前事業年度の売上高の3%未満であると見込まれるため、開示事項・内容を一部省略して開示しております。

1. 本会社分割の目的

当社は、通信サービスに加え、お客さまの日常の生活支援に向けた新たな事業を強化する戦略の下、天然水「フレシャス」を提供する、富士山の銘水株式会社と2015年以来、 auショップ等を通じて、宅配水サービスを協同でお客様へ提供させて頂いておりました。
本サービスを通じて、お客様へ高品質な天然水を提供させて頂くと共に、両社は事業発展を進めてまいりましたが、この度、当社事業の選択と集中の結果、2020年11月1日、2021年2月1日を持ちまして、オープンユーザー向け及びauユーザー向けの宅配水事業を富士山の銘水株式会社へ引き継ぐことに致しました。
事業を承継する富士山の銘水株式会社は創業以来、安心・安全で高品質な天然水を提供する宅配水事業者となります。

2. 当該組織再編の要旨

  • (1)

    本会社分割の日程

    • 当社取締役会決議日
      : 2020年7月31日
    • 富士山の銘水株式会社取締役会決議日
      : 2020年7月15日
    • 分割契約締結日
      : 2020年7月31日
    • 富士山の銘水株式会社株主総会決議予定日
      : 2020年8月31日 (予定)
    • 本会社分割[1]の分割日 (効力発生日)
      : 2020年11月1日 (予定)
    • 本会社分割[2]の分割日 (効力発生日)
      : 2021年2月1日 (予定)
    • 本会社分割[1]は、分割会社である当社においては会社法第784条第2項に規定する簡易分割であるため、分割契約の承認に係る株主総会を開催しません。本会社分割[2]は、承継会社である富士山の銘水株式会社においては会社法第796条第2項に規定する簡易分割であり、分割会社である当社においては会社法第784条第2項に規定する簡易分割であるため、分割契約の承認に係る株主総会を開催しません。
  • (2)

    本会社分割の方式

    当社を分割会社とし、富士山の銘水株式会社を承継会社とする吸収分割とします。

  • (3)

    本会社分割に係る割当ての内容

    本会社分割[1]
    当社は、本会社分割の対価として富士山の銘水株式会社より金銭900百万円の交付を受ける予定です。

    本会社分割[2]
    当社は、本会社分割の対価として富士山の銘水株式会社より金銭199百万円の交付を受ける予定です。

  • (4)

    本会社分割に伴う新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い

    当社は新株予約権及び新株予約権付社債を発行しておりません。

  • (5)

    本会社分割により増減する資本金

    本会社分割による当社の資本金の増減はありません。

  • (6)

    承継会社が承継する権利義務

    富士山の銘水株式会社は、本会社分割に際して、当社が本会社分割の効力の発生の直前時点において本件事業に関して有する権利義務及び契約上の地位のうち、吸収分割契約書において定めるものを承継します。また、本件事業にかかわる資産及び負債は承継しません。

  • (7)

    債務履行の見込み

    本会社分割の効力発生日以降に、承継会社である富士山の銘水株式会社が負担すべき債務について、履行の見込みに問題はないと判断しております。

3. 本会社分割に係る割当ての内容の算定の考え方

本会社分割において富士山の銘水株式会社より当社が交付を受ける金銭の算定については、当該事業の業績動向等を検討のうえ、事業価値を算定した結果をもとに、富士山の銘水株式会社と協議・交渉のうえ決定しました。なお、利益構造が異なるため、本会社分割[2]の対価は、相対的に本会社分割[1]よりも低くなっています。

4. 分割当事会社の概要

分割会社承継会社
(1) 名称 KDDI株式会社 富士山の銘水株式会社
(2) 本店所在地 東京都新宿区西新宿二丁目3番2号 山梨県富士吉田市上吉田4961-1
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 髙橋 誠 代表取締役社長 粟井 英朗
(4) 事業内容 電気通信事業 ミネラル水の製造・販売及び輸出入等
(5) 資本金 141,852百万円 100百万円
(6) 設立年月日 1984年6月1日 2010年3月19日
(7) 発行済株式数 2,355,373,600株 5,050,500株
(8) 決算期 3月31日 3月31日
(9) 大株主及び持株比率 京セラ株式会社14.22%
トヨタ自動車株式会社12.67%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 (信託口) 9.43%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 5.55%
株式会社Aホールディングス 44.35%
KDDI株式会社 32.01%
粟井 英朗 11.45%

(10) 直前連結会計年度・直前事業年度の財政状態及び経営成績

KDDI株式会社 (国際財務報告基準) (連結)
決算期2020年3月期
親会社の所有者に帰属する持分 (百万円) 4,384,424百万円
総資産 (百万円) 9,580,149百万円
1株当たり親会社所有者帰属持分 (円) 1,906円 35銭
売上高 (百万円) 5,237,221百万円
営業利益 (百万円) 1,025,237百万円
税引前当期利益 (百万円) 1,020,699百万円
親会社の所有者に帰属する当期利益 (百万円) 639,767百万円
基本的1株当たり当期利益 (円) 275円 69銭
富士山の銘水株式会社 (日本基準) (単体)
決算期2020年3月期
純資産 (百万円) 1,961百万円
総資産 (百万円) 11,726百万円
売上高 (百万円) 16,398百万円
当期純利益 (百万円) 1,040百万円

5. 分割する事業部門の概要

  • (1)

    分割する部門の事業内容

    本会社分割[1]
    オープンユーザー向け宅配水事業

    本会社分割[2]
    auユーザー向け宅配水事業

  • (2)

    分割する部門の経営成績

    本会社分割[1]
    売上高:811百万円

    本会社分割[2]
    売上高:2,745百万円

  • (3)

    分割する資産、負債の項目及び帳簿価格

    該当事項はありません。

6. 本会社分割後の状況

本会社分割後の当社の名称、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金及び決算期に変更はありません。

7. 今後の見通し

2021年3月期の連結業績に与える影響は軽微です。

東証開示資料: pdfファイルをダウンロードします会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ (313KB)


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。