メニューを開く
検索エリア

絵本「プチ三太郎とあるくせかいちず」1,500冊をこども宅食応援団に寄付

このページを印刷する

2021年1月6日

KDDI株式会社

KDDIは、一般社団法人こども宅食応援団 (代表理事: 駒崎弘樹、所在地: 佐賀県佐賀市、東京都千代田区、以下 こども宅食応援団) および、こども宅食応援団と連携して活動している19団体 (該当項目へジャンプします) へ、絵本「プチ三太郎とあるくせかいちず」1,500冊を2021年1月6日に寄付しました。各団体が行う生活の厳しい子育て家庭へ食品を定期的に届ける活動を通じ、子どもたちへ絵本が届けられます。

プチ三太郎とあるくせかいちず

ヨーロッパってどんなところ?

<絵本「プチ三太郎とあるくせかいちず」>

「プチ三太郎とあるくせかいちず」は、CMでおなじみの三太郎たちが「プチ三太郎」となって世界を旅しながら、いろいろな文化や自然に出会い、これからのグローバル時代を生きる子どもたちに世界をひろげるキッカケを与える絵本です。このたび、新型コロナウイルス感染症の影響により自宅で過ごす時間が増えた子どもたちに、絵本を読むことで自宅での時間を楽しんでもらいたいと考え寄付に至りました。

新規ウィンドウが開きます一般社団法人こども宅食応援団について

一般社団法人こども宅食応援団は、「親子のつらいを見逃さず、手を差し伸べる誰かがいる社会」を目指し、生活の厳しい子育て家庭に定期的に食品を届けながら繋がりを持ち、見守り支援を行う「こども宅食」の全国普及を行う団体です。また、子どもの宅食事業に取り組む自治体やNPOなどに対して活動資金やノウハウの提供、事業推進のための伴走的な支援や社会課題の認知度拡大のための広報活動などを行っています。

こども宅食応援団

KDDIは、引き続き「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として「KDDI Sustainable Action」に取り組み、グループ全体で持続的に成長していきます。

(参考)「プチ三太郎とあるくせかいちず」について

各国の文化、言葉、食べ物、乗り物、動物などを多岐に渡って紹介している絵本です。

  • 発売日 2020年10月15日
  • 著者 プチ三太郎チーム
  • 発行所 株式会社三修社 (所在地: 東京都渋谷区)

■「KDDI Sustainable Action」

新規ウィンドウが開きますこちらをご参照ください。

  • 注)
    寄付先団体 (順不同)
    特定非営利活動法人 秋田たすけあいネットあゆむ (秋田県秋田市)、一般社団法人 らしくサポート (宮崎県都城市)、三股町社会福祉協議会 (宮崎県北諸県郡)、NPO法人 豊島子どもWAKUWAKUネットワーク (東京都豊島区)、にいがたお米プロジェクト (新潟県新潟市)、京都こども宅食プロジェクト (京都府京都市)、ひとり親家庭福祉会 ながさき/つなぐBANK (長崎県長崎市)、社会福祉法人 熊本県ひとり親家庭福祉協議会 (熊本県熊本市)、隣友の会 (佐賀県唐津市、神崎市、吉野ヶ里町)、にじいろぽけっと (佐賀県小城市)、NPO法人 のいちご会 (佐賀県伊万里市)、かがみこどもプラザ実行委員会 (佐賀県唐津市)、Lihi Terra (佐賀県唐津市)、おきなわこども未来ランチサポート (沖縄県那覇市) 等

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。