メニューを開く
検索エリア

「環境エコラベル」の対象商品追加について ~「auでんき」の「RE100メニュー」と「ノンカーボンメニュー」に付与~

このページを印刷する

2020年3月31日

KDDI株式会社
株式会社エナリス

KDDIは、当社が提供しているauの電気サービス「auでんき」における「RE100 (注1) メニュー」と「ノンカーボンメニュー」を、KDDIの「環境エコラベル」の対象サービスに認定しました。
両メニューは株式会社エナリスの100%子会社である株式会社エナリス・パワー・マーケティングが電力供給する排出係数メニューです。

「環境エコラベル」は、KDDIおよびそのグループ会社が提供する主な法人向けサービスの中で特に、温室効果ガスを減らし、環境に優しいサービスに対し「KDDIエコマーク」を付与しているもので、お客さまがサービス導入検討する際に、地球環境へ配慮したサービスをわかりやすく伝えることを目的として、2015年8月21日から取り組みを開始しています。

<KDDIエコマーク>

今回「環境エコラベル」対象商品とした「auでんき」の「RE100メニュー」と「ノンカーボンメニュー」は、電気購入由来のCO2排出量をゼロ (注2) にすることを可能にします。
「RE100メニュー」は、再生可能エネルギー (FIT (注3) 電気含む) 由来の電力供給と、J-クレジット (注4) (再生可能エネルギー由来) の無効化などにより、RE100の基準を満たした電気を供給します。「ノンカーボンメニュー」は、J-クレジットなどを利用することで、電気購入由来のCO2排出量がゼロの電気を供給します。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として「KDDIが目指すSDGs」に取り組み、グループ全体で持続的に成長していきます。


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。