メニューを開く
検索エリア

「SDGs勉強会&ワークショップ」で社員のSDGsへの理解を促進

このページを印刷する

2020年3月4日

KDDI株式会社

2020年2月19日水曜日、KDDIは、KDDIグループ社員を対象としたSDGs勉強会&ワークショップを実施しました。

本企画は、昨年5月に発表した中期経営計画 (2019-21年度) において、目指す姿に追加された「社会の持続的な成長に貢献する会社」、また、同中期経営計画にあわせて策定された「新規ウィンドウが開きますKDDIが目指すSDGs」の達成に向けた浸透施策の一環として行われました。

KDDI本社のカフェテリアで開催された本取り組みには、公募による社員約120名が参加しました。まず初めに、サステナビリティ担当役員の田中稔より、世界情勢の変化、KDDIがSDGsに取り組む理由、これまでのKDDIの代表的な取組事例などについて話をしました。

続いて、SDGs先進企業である凸版印刷株式会社コーポレートコミュニケーション部長の今津秀紀氏より、SDGsの基礎的な知識とその広がり、他企業の取組事例、そして未来のビジネスにつながるKDDIの競争力について多くの事例を交えわかりやすくご紹介いただきました。

その後、参加社員3~4人で1チームとなり、「SDGsの達成に向けてKDDIができることは何か」などについて考えるワークショップに取り組み、活発な議論が行なわれました。

参加した社員からは、「会社として、SDGsにどう貢献していくかを考えることができ、とても良い機会だった」、「自部署で取り組んでいる分野はSDGsの目標そのものであり、それを達成すべく新規サービスの取り組みを強化したい」、「個人としては日々小さいことしかできないが、ぜひ子供と一緒に取り組みたい」など、今後は自身の業務そして日常の生活を通じSDGsに貢献していきたいという声が多く聞かれました。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として「KDDIが目指すSDGs」に取り組み、グループ全体で持続的に成長していきます。

「SDGsに取り組むことで、事業と社会の持続的な成長を実現する」と語るKDDIサステナビリティ担当役員 田中本部長

凸版印刷株式会社コーポレートコミュニケーション部長 今津秀紀氏によるワークショップの様子


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。