メニューを開く
検索エリア

地元中学生による国見町PR用VRコンテンツ制作をサポート! ~国見町「プロジェクト学習」授業に協力~

このページを印刷する

2019年11月8日

KDDI株式会社

KDDIは、2019年10月5日土曜日および10月6日日曜日、福島県国見町において、同町が実施している「国見プロジェクト学習」授業に協力しました。
今回の活動は、昨年12月に同町と締結した地域活性化に関する連携協定 (注) に基づき、KDDIが持つICTを活用した交流・学びの場づくりの取り組みとして実施しました。当社は、「KDDIが目指すSDGs」のひとつとして『地方創生』を掲げ、ICTを活用した地域活性化の支援はSDGsに貢献する取り組みとなります。

授業では、地元中学生が自分たちの住む国見町の魅力 (観光等) を発信する「PR用のVR (virtual reality: 仮想現実) コンテンツ」を制作し、発表しました。
参加者からは、「今回の授業を通じ、これまで知らなかった町の魅力を知ることができた」、「VRコンテンツづくりは初めての経験で不安だったが、楽しかった」、「VRコンテンツを通じて国見町をたくさんの人に知ってもらいたい」などの声がありました。

KDDIは、VRコンテンツ制作が可能な360°撮影カメラ、VR視聴用auスマートフォン、VRゴーグル等最新機器の貸し出しとVRコンテンツの企画、編集への協力を通じて、VRコンテンツ制作をサポートしました。制作したVRコンテンツは、同町のイベントや公共施設での公開を検討しています。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として「KDDIが目指すSDGs」に取り組み、グループ全体で持続的に成長していきます。

「プロジェクト学習」授業の様子

制作したVRコンテンツ発表の様子

参加した皆さん


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。