メニューを開く
検索エリア

葛尾村のVR制作をサポート! ~葛尾中学校「総合的な学習の時間」の授業に協力~

このページを印刷する

2019年8月5日

KDDI株式会社

KDDIは、2019年7月17日水曜日、福島県葛尾村立葛尾中学校の「総合的な学習の時間」の授業に、一般社団法人ふくしま連携復興センターと協業し、生徒自らがVR (virtual reality: 仮想現実) を制作するためのワークショップを開催しました。
参加者からは、「VRを見るのは初めてで楽しかった」、「360°カメラで面白い写真を撮ってみたい」、「VRを通じて葛尾村の魅力を発信してみたい」などの声がありました。

KDDIは、東日本大震災被災地域の課題解決や地域活性化を応援するため、VR制作が可能な360°撮影カメラ、VR視聴用auスマートフォン、VRゴーグル等最新機器の貸し出しとVRの企画、編集への協力を通じて、同校生徒が制作するVRをサポートしていきます。制作したVRは、同校の学習発表会や葛尾村の公共施設での公開を検討しています。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、人々・企業・社会をつなぎ、ワクワクする体験価値を創造するとともに、KDDIグループ全体で持続的に成長していきます。


ワークショップの様子

ワークショップに参加した皆さん


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。