メニューを開く
検索エリア

「環境エコラベル」の対象商品追加について ~「KDDI IoT通信サービス LPWA」に付与~

このページを印刷する

2019年3月26日

KDDI株式会社

KDDIは、当社が提供する、「KDDI IoT通信サービス LPWA」(注1) を、KDDIの「環境エコラベル」の対象サービスに認定しました。

「環境エコラベル」は、KDDIおよびそのグループ会社が提供する主な法人向けサービスの中で特に、温室効果ガスを減らし、環境に優しいサービスに対し「KDDIエコマーク」を付与しているもので、お客さまがサービス導入検討する際に地球環境へ配慮したサービスをわかりやすく伝えることを目的として2015年8月21日より取り組みを開始しています。

▼KDDIエコマーク

今回、「環境エコラベル」対象商品とした「KDDI IoT通信サービス LPWA」は、KDDIの4G LTEネットワークを利用するLPWA技術を用いた通信サービスで、これまでよりも通信端末の消費電力が小さくなり、より広いエリアで通信環境を提供することが可能です。

「KDDI IoT通信サービス LPWA」を利用することで、従来の通信サービスを使用した場合と比較し、通常モード待受時の消費電力に係る温室効果ガス (CO2) の排出を約50% (注2) に削減することが可能となります。

今後もKDDIは、通信事業者の重要な責務のひとつとして、ICT利活用の推進により、低炭素社会の実現に向けた取組みを進めていきます。

  • 注1)
    新規ウィンドウが開きますKDDI IoT通信サービス LPWA
    LPWAはLow Power Wide Areaの略で、省電力かつ広域なエリアカバレッジを特長とする通信方式です。
  • 注2)
    当社ブランド通信モジュールにおける1台あたりの使用消費電力に基づき比較を行っています。設置環境、通信モジュール個体などにより想定値を下回る場合があります。

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。