メニューを開く
検索エリア

KDDIサステナビリティレポート2018が「第22回 環境コミュニケーション大賞」で「優良賞」を受賞

このページを印刷する

2019年2月25日

KDDI株式会社

KDDIは、サステナビリティレポート2018について、「第22回 環境コミュニケーション大賞」(主催: 環境省、一般財団法人 地球・人間環境フォーラム) の「優良賞 (環境報告書部門)」を受賞しました。

「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境経営レポートを表彰することにより、事業者等の環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。「優良賞」は、環境配慮経営に意欲的に取り組んでいる事業者の報告書や、わかりやすい情報開示がなされている報告書など、他の模範となりうる報告書を表彰するものです。

KDDIサステナビリティレポート2018は、自社の環境負荷を把握して、温室効果ガス排出量の保証声明、検証を行うなど、気候変動リスクに対し積極的に取り組んでいる点や、マテリアリティにおける2030年度目標としてCO2の具体的な削減数値を挙げているほか、環境マネジメントや外部評価などが優れていると評価されました。

KDDIは、今後も環境問題をはじめとした様々な社会課題に戦略的に取り組むとともに、ステークホルダーとの信頼構築のための適切な情報開示・情報発信を行っていきます。

新規ウィンドウが開きます第22回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定について (環境省HP)

新規ウィンドウが開きますKDDI サステナビリティレポート2018

2019 環境コミュニケーション大賞 優良賞 環境報告書部門



2月20日に行われた表彰式の様子


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。