メニューを開く
検索エリア

MPTがミャンマー全国18地区で二回目となる大規模な清掃活動"Clean and Fresh to Move Forward"を実施

このページを印刷する

2018年12月28日

KDDI株式会社

KDDIと住友商事株式会社 (本社: 東京都中央区、代表取締役社長 CEO: 中村邦晴) が、ミャンマーにおいて共同で通信事業を展開するミャンマー国営電気通信事業体 (Myanma Posts & Telecommunications、以下 MPT) は、2018年12月22日 土曜日、ミャンマー全国18地区で二回目となる大規模な清掃活動を主催し、MPT職員、家族や友人、一般の方々など、6,000人以上が参加しました。

衛生改善は多くの新興国で課題となっており、ミャンマーにおいても、日常の生活やランドマークとなる場所が衛生的に望ましくなく、健康面からも改善が必要な状況です。MPTはミャンマー最大の通信事業者としてより良い通信サービスを提供するだけでなく、これらの活動を通じて多くの参加者を動員し、ひいては全ての人々にとって清潔で衛生的な環境を維持することの重要性をミャンマー全土に広げます。

KDDIグループは、今後も世界の社会的責任と社会発展のため、サステナビリティ活動に、より一層取り組んでまいります。


2018年度MPTによる「大規模な清掃活動」案内の様子


2017年度のMPTによる「大規模な清掃活動」の様子


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。