メニューを開く
検索エリア

「環境エコラベル」の対象商品追加について ~「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」に付与~

このページを印刷する

2018年3月26日

KDDI株式会社

KDDIは、当社が提供する、IoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」(注1) を、KDDIの「環境エコラベル」の対象サービスに認定しました。

「環境エコラベル」は、KDDIおよびそのグループ会社が提供する主な法人向けサービスの中で特に、温室効果ガスを減らし、環境に優しいサービスに対し「KDDIエコマーク」を付与しているもので、お客さまがサービス導入検討する際に地球環境へ配慮したサービスをわかりやすく伝えることを目的として2015年8月21日より取り組みを開始しています。

KDDIエコマーク

今回、「環境エコラベル」対象商品とした「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」は、通信とクラウドの技術を組み合わせた節水管理サービスで、トイレブース内にセンサーを設置し、利用者の滞在時間に応じて、必要な水量を流し分けることで、ムダな洗浄水を削減します。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」を利用することで、本サービス導入前と比較し、約40%の節水 (注2) と、上下水道や使用電力に係る温室効果ガス (CO2) の排出を約40%削減 (注2) することが可能となります。

今後もKDDIは、通信事業者の重要な責務のひとつとして、ICT利活用の推進により、低炭素社会の実現に向けた取組みを進めていきます。


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。