メニューを開く
検索エリア

「環境エコラベル」の対象商品追加について ~KDDIまとめてオフィスの「まとめてくるまティクス」に付与~

このページを印刷する

2017年3月30日

KDDI株式会社
KDDIまとめてオフィス株式会社

KDDIは2017年3月30日より、KDDIまとめてオフィス株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 本多 勉 以下、KDDIまとめてオフィス) が提供する「まとめてくるまティクス」(注1) を、KDDIの「環境エコラベル」の対象サービスに認定しました。

「環境エコラベル」は、KDDIおよびそのグループ会社が提供する主な法人向けサービスの中で特に、温室効果ガスを減らし、環境に優しいサービスに対し「KDDIエコマーク」を付与しているもので、お客さまがサービス導入検討する際に地球環境へ配慮したサービスをわかりやすく伝えることを目的として2015年8月21日より取り組みを開始しています。

KDDIエコマーク

今回、「環境エコラベル」対象商品となった「まとめてくるまティクス」は、通信とクラウドの技術を組み合わせた次世代型車両運行管理サービスで、運転の状況をリアルタイムで確認することができ、ドライバーへの安全運転意識向上を促進するものです。
「まとめてくるまティクス」を利用することで、走行距離あたりの加減速回数をサービス利用前と比較し、約半分に削減することができ (注2)、加減速回数を削減することで、市街地では約2%程度、郊外では約6%の燃費悪化を防止することが可能 (注3) となります。
一般的に企業の社用車として多く利用されている1266kg~1515kgの車両の場合では、走行距離1kmあたり0.0036kg-CO2の削減を見込むことが出来ます。(注4)

今後もKDDIは、通信事業者の重要な責務のひとつとして、ICT利活用の推進により、低炭素社会の実現に向けた取組みを進めていきます。

  • 本資料に記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。