メニューを開く
検索エリア

聴覚障がい者向けIT教室の実施について

このページを印刷する

2015年3月11日

KDDI株式会社

3月8日 日曜日、KDDIおよびライフイズテック株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役: 水野雄介) は、KDDI本社ビル (飯田橋) において、聴覚障がい者向けIT教室を開催しました。

同教室は、都内近郊に通うろう学校の生徒のうち、「アプリ製作を実施してみたい」と希望した中高生、約60人を対象に実施したもので、自分だけの「オリジナル・スマートフォンアプリ」や「オリジナル二次元ゲーム」を1日で作成するものです。

当日は、「アプリをつくるという素晴らしい機会がもらえて本当に良かった (中学生)」「初めてのことだらけでしたが、将来、PC関係の仕事に就きたいという夢があったので、その前に経験することが出来て良かった (中学生)」「自分が一度やってみたいことが出来たから満足! まだまだやりたい気持ちでいっぱいです (高校生)」「すごく楽しかったし将来の夢の視野が広がりました (高校生)」等の声がありました。
また、学校関係者からは、「複数の学校の生徒が一堂に会して実施するこのようなイベントは、前代未聞。子供たちの職業選択肢の一つとしての可能性に期待したい。」とのコメントを頂きました。

「今後、自分の趣味として楽しんでいきたい」という意見の他に、「今後もITを学びIT関係の仕事に就きたい」という多数の声を頂いたことを受け、KDDIは、今後もIT教育への取組みを継続して実施していく所存です。

関連記事: 新規ウィンドウが開きますTIME&SPACE「いつでも、どこでも、誰とでも」が広がる未来の可能性を子どもたちへ。KDDIのプログラミング教育支援への取り組み

KDDIに集まったろう学校の生徒達

IT教室 (アプリ製作) の様子


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。