携帯電話、スマートフォン、クラウドならKDDI

KDDI

ナビゲーションをスキップして本文へ

メニューを開く
検索エリア

「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」のデータ群に、新たなデータを追加 ~お客さまの事業に有用な多彩なデータを提供~

このページを印刷する

2017年9月28日

KDDI株式会社

KDDIは、IoTによる様々なデータと多種多様なデータを掛け合わせて分析することで、新たな付加価値を提供する「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」(注) の提供データ群に、新たなデータ群「法人電話帳データ」「住民特性推計エリアデータ」「施設・道路等の地理情報データ」「家電実売データ」を追加することをお知らせします。

今回のデータ群追加により、お客さまは、自社で保有するIoT業務データを分析する際に、より豊富なデータ群と組み合わせることができるようになり、お客さまの新たな課題やビジネスチャンスの発見、サービスの品質向上を実現します。

KDDIは、今後も、IoTを活用するお客さまのビジネスパートナーとして、IoT通信からデータ活用サービスまでのトータルソリューションを提供し、お客さまの本業に貢献して参ります。

新規ウィンドウが開きますKDDI IoTクラウド ~データマーケット~

■追加データ群

提供データデータの内容
法人電話帳データ 全国の電話帳をデータ化し、企業 (事業所・店舗) を独自の手法で、1,000種類超の生活に密着したジャンルに分類した、約820万件の法人電話帳データベース
住民特性推計エリアデータ 数万サンプルのアンケート調査と独自の分析手法を用いて、推計した「金融」、「住宅」、「自動車」および「電力」関連の保有資産などの住民特性推計エリアデータ
施設・道路等の地理情報データ 9万件超の緊急避難所をはじめ、交通事故多発地点や3年先までの道路開通情報、施設変化情報等の地理情報
家電実売データ 全国23社、約2,600店舗の大手家電量販店、ECサイトから収集した実売データ。PCやデジタル家電、周辺機器等が対象の製品ごとの販売実績

■追加データ群活用例

  • 例1: 自社IoTデータを活用した効率的な新規顧客開拓営業

    お客さまが保有する営業車ルートのデータに、「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」で新たに追加される法人電話帳データを組み合わせることで、営業担当者がよく通るルート付近の潜在顧客を発見できるようになります。

    わかりやすくカテゴタイズされた法人電話帳データにより、営業担当者がよく通るルートから近い潜在顧客を把握でき、効率的な新規顧客の開拓が容易にできるようになります。

  • 例2: 将来の売上見込を考慮した出店・閉店計画の立案

    お客さまが自社で保有する店舗売上データと、「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」で提供される施設・道路等の地理情報データ、プローブデータ (車両・走行挙動データ)、将来人口推計データを組み合わせることで、より精緻な将来の売り上げ見込みを予測し、出店・閉店計画の策定が可能となります。

    ターゲットとなる性別・年齢層の人口が増加し、かつ付近に新規道路・施設の開設計画がある地域を抽出でき、将来的に売上が見込める新規出店候補地の絞り込み・優先順位づけができます。また逆に、ターゲット人口が減少し、かつ道路・施設の閉設計画があったり、道路通行量が少ない地域の既存店舗抽出ができ、規模縮小や閉店の計画策定ができます。


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。