KDDI・プロドローン・ゼンリン、モバイル通信ネットワークを活用したドローン事業で業務提携

~"空の3次元地図"を活用して自律飛行する「スマートドローン構想」を推進~

KDDI株式会社
株式会社プロドローン
株式会社ゼンリン
2016年12月19日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下KDDI) は、株式会社プロドローン (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 河野雅一、以下プロドローン) と株式会社ゼンリン (本社: 福岡県北九州市、代表取締役社長: 山善司、以下ゼンリン) と、モバイル通信ネットワークを活用した安心安全なドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」の商用化に向け業務提携することで合意しました。
なお、KDDIは本業務提携と併せて、プロドローンが第三者割当増資により発行する株式を3億円で取得しました。

KDDIは、さまざまなモノがインターネットを通じてつながるIoT時代において、ドローンがモバイル通信ネットワークにつながり、さらには3次元の空間情報を基に自律飛行するようになると考えています。
"空の3次元地図"の研究開発を推進するゼンリン、安定した高性能な機体を提供するプロドローンと共に、ドローン事業において各社が持つアセットやノウハウを活用して、インターネット上の3次元地図、運航管理情報等との連携により自律飛行を実現する「スマートドローンプラットフォーム」の開発を行っていきます。

「スマートドローンプラットフォーム」はドローン機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成され、モバイル通信ネットワークにつながったドローンの自律飛行や衝突回避など飛行ルート管理に加えて、ドローンが取得したビックデータの蓄積・分析が可能なプラットフォーム (基盤) です。

今後、「スマートドローンプラットフォーム」を活用し、設備検査や農業支援、災害救助などのソリューションや、撮影サービスなどのコンシューマサービス等を提供し、さまざまな分野でネットワークにつながるドローンが活躍する「スマートドローン構想」を推進していきます。

■「スマートドローンプラットフォーム」各社開発内容

KDDIは、人口カバー率99%超の高品質な4G LTEネットワークに加えて、これら基地局の利活用やクラウドサービスなどIoT時代に必要なアセットを提供し、ドローンの遠隔操作/自律飛行を実現していきます。

プロドローンは、世界初の2本のロボットアームを持つ大型ドローン、世界初の負圧で壁面や天井面の両方を張り付きながら検査することが可能なドローン、水面に着水し、水中の映像をリアルタイムで伝送可能なドローンなど他の追従を許さない高い技術力で「高安定・高機能・高安全」のハイエンド向け産業用ドローンを開発製造しており、多種多様なニーズに応じた最高のドローンシステムを提供します。
今回のスマートドローンプラットフォームにおいて、プロドローンでは4GLTEネットワークに直接接続し遠隔地からも自由にフルコントロールが可能な高機能な機体の開発、及びその制御システムの開発を行います。

ゼンリンは、保有している地形・建物情報をベースに空域情報を3次元化した"空の3次元地図"の研究開発を推進しています。ドローンの自律飛行において、機体を安全に誘導するための基盤構築を目指します。

KDDIは、ドローンがモバイル通信ネットワークを利用できるよう、2016年11月15日に総務省より「無人航空機における携帯電話の利用に関わる実用化試験局の免許」を取得しました。
3社は今後、2017年度の「スマートドローンプラットフォーム」商用化に向けて、実証実験を行っていきます。

携帯電話からご覧いただけない表などの一部内容につきましては、PC版KDDIコーポレートサイトをご参照ください。

※ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


ニュースリリーストップへ

企業情報トップへ


その他企業情報カテゴリへ

KDDIについて

ニュースリリース

投資家情報(IR)

 ┗IRメールマガジンのご登録はこちら

サステナビリティ

サイトメニュー

個人のお客さま

企業情報

関連サイト


KDDIサイトトップヘ(*)

免責事項

プライバシーポリシー