メニューを開く
検索エリア

KDDI Open Innovation Fund 2号、スポーツデータマネジメントサービス「ONE TAP SPORTS (ワン タップ スポーツ)」を提供する株式会社ユーフォリアに出資

このページを印刷する

~アスリートのコンディションや行動に伴うデータを活用し、パフォーマンスの最大化をサポート~

  • KDDI株式会社

2018年8月7日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 2号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社、以下 KOIF2号) を通じて、スポーツ領域におけるデータマネジメントサービス「ONE TAP SPORTS」を提供する株式会社ユーフォリア (本社: 東京都千代田区、共同代表: 橋口 寛/宮田 誠、以下 ユーフォリア) に出資したことをお知らせします。

ユーフォリアは、2012年からスポーツ領域に特化したSaaS型データマネジメントサービス「ONE TAP SPORTS」を開発・提供しているスポーツ・テック企業です。
「ONE TAP SPORTS」は、試合や練習を通じて得られる行動データに加えて、食事メニューやケガの状態など組み合わせて分析することにより、トレーナー・コーチ・監督等の指導者を通じたアスリートへの適切な指導やアドバイスが可能です。
これまでもラグビー日本代表をはじめ、10以上の各競技の日本代表チームや、200を超えるチーム、約6,000名のトップアスリートの「コンディション管理」「パフォーマンスの向上」の実現をサポートしています。
また、ユーフォリアは「ONE TAP SPORTS」の取り組みを通じて得た知見を、学生スポーツや一般の方のスポーツにも展開を進め、日本のスポーツ産業の発展に貢献していきます。

KDDIにおける本出資は、5G時代を見据え、今後ビッグデータ活用が期待されるスポーツ領域における新たなスポーツビジネスの共創に向けた取り組みです。今後、KDDIが有するビッグデータ分析・活用ノウハウや、通信技術、販売網などを組み合わせることで、両者でスポーツ現場におけるさまざまな課題を解決していきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、スポーツ×通信による新しい体験価値を創出していきます。

■ユーフォリアの概要

  • (1) 社名:
    株式会社ユーフォリア
  • (2) 本社:
    東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング9階
  • (3) 設立年月日:
    2008年8月
  • (4) 事業内容:
    スポーツデータサイエンス/スポーツ領域におけるシステム開発・保守・コンサルティング
  • (5) 代表者:
    代表取締役/共同創業者 橋口 寛・宮田 誠
  • (6) 資本金:
    1000万円
  • (7) 社員数:
    5名

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。