メニューを開く
検索エリア

AIチャットボットサービス「Proactive AI with KDDI」を提供開始

このページを印刷する

~社内問い合わせ業務を自動応答することで、従業員の働き方改革に寄与~

  • KDDI株式会社

2018年8月6日

KDDIは、2018年8月6日より、法人のお客さまむけに、人工知能 (AI) を活用して社内の問い合わせ業務を効率化するチャットボット (該当項目へジャンプします) サービス「Proactive AI with KDDI」の提供を開始します。
「Proactive AI with KDDI」は、優れたデータ分析力とAIの技術力をもつALBERT株式会社 (本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 松本 壮志、以下 ALBERT) が提供するAIチャットボットサービス「Proactive AI」を活用しています。

よくある質問はチャットボットが回答

「Proactive AI with KDDI」は、定型的に繰り返し発生する異なる部署間での社内問い合わせ業務を電話やメールではなくチャットボットで対応し、AIを活用することにより問い合わせに対して自動応答します。これにより、社内問い合わせ業務を効率化し、従業員の働き方改革に寄与することができます。

また、管理者は、導入時に会話パターンごとのシナリオを作成する必要がなく、単純なFAQを用意するだけで、AIが最適な回答を選択するほか、自動学習による回答精度の向上を行うため、導入が容易な上に高品質なチャットボットサービスを利用できます。
さらに、「Proactive AI with KDDI」は、ビジネス版LINE「LINE WORKS with KDDI」に対応しているため、質問者は、外出先からの問い合わせなど場所に左右されず迅速に解決することが可能です。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

新規ウィンドウが開きますProactive AI with KDDI

詳細は、別紙をご参照ください。


<別紙>

1. 概要

「Proactive AI with KDDI」は、定型的に繰り返し発生する異なる部署間での社内問い合わせに対して自動応答するAIチャットボットサービスです。
これにより、社内問い合わせ業務を効率化し、従業員の働き方改革に寄与することができます。

2. 導入メリット

  • これまで電話やメールで行っていた社内問い合わせ業務を、電話やメールではなく自動応答するチャットボットに代替させることにより、業務の効率化が図れます。
  • ビジネス版LINE「LINE WORKS with KDDI」に対応しているため、質問者は、外出先からの問い合わせなど場所に左右されず迅速に解決することが可能です。
  • 社内問い合わせ業務だけでなく、ウェブサイトにおけるオンライン接客サービスや製品の問い合わせ対応を行うカスタマーサービスなどにも活用できます。

LINE WORKSのワークスモバイルジャパン株式会社 (本社: 東京都渋谷区) の代表取締役社長 石黒 豊は次のように述べています。
「ワークスモバイルジャパン株式会社は、このたびKDDI株式会社様が提供する「Proactive AI with KDDI」製品と弊社「LINE WORKS」を連携し、サービス提供を開始して頂くことを大変嬉しく思います。「Proactive AI with KDDI」と「LINE WORKS」の連携は、業務効率を向上させ、重要な業務にリソースを集中させることを可能にするもので、お客様の働き方改革推進に役立つものと確信しています。ワークスモバイルジャパン株式会社は今後もKDDI株式会社様と連携し、お客様のビジネス発展に寄与して参ります。」

3. サービス特長

「Proactive AI with KDDI」は、自動応答できるチャットボットサービスの中でも以下の特徴があります。

  • (1)

    自動学習による回答精度の向上

    • ALBERTが独自開発したAI技術により、導入されたお客さまごとにAIが自動学習して回答精度を向上させるため、お客さまにとって最適なチャットボットサービスとして利用できます。
  • (2)

    早期の導入が可能

    • 導入時にExcelのFAQリスト等があればツールを使って即時読み込み可能です。その為、初期構築に掛かる工数を大幅に削減可能です。 (初期構築は1ヶ月内が目安)
  • (3)

    サポート体制が充実

    • 導入後に、チャットボットの応答精度に関するお客さまからの問い合わせに対して回数制限なくサポートが可能です。適切なFAQに関するアドバイスだけでなく、お客さまごとに導入されている回答パターンを新しくAIに学習させることもできるため、回答精度向上のためのサポート体制が充実しています。

4. 提供料金

初期費用月額費用
エントリープラン 500,000円 400,000円
サポートEX (オプション) - 300,000円
  • 月額費用にはオンラインサポートを含みます。
  • 1契約で2つまでチャットボットをご利用いただけます。
  • サポートEX (オプション) は、FAQの設計支援など初期導入時に適切な運用をサポートするオプションサービスになります。

5. 提供開始日

2018年8月6日

6. お問い合わせ

KDDI 法人営業担当者、KDDI まとめてオフィスグループ法人営業担当者または法人お客さまセンターにご連絡ください。

<法人お客さまセンター>
フリーコール 0077-7051 (無料)
フリーコール 0800-777-7051 (無料)
受付時間: 9:00~18:00 (年末年始を除く)

  • 注)
    チャットボットは、「チャット」と「ボット」を組み合わせた言葉で、人工知能 (AI) を搭載したコンピューターが人間に代わって自動的に一定の会話をする自動会話プログラムです。
  • 表記の金額は全て税抜です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。