メニューを開く
検索エリア

労働安全衛生法に基づく届出不備について

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2018年7月13日

KDDIは、当社が所有する非常用発電機の燃料タンク等において、労働安全衛生法第88条関連の設備設置等に係る計画の届出不備 (該当項目へジャンプします) が91件ありました。

当該設備は、設置時に消防法に基づく許認可等の手続きや検査他を適切に実施しています。また、設置後も、定期的な日常点検や消防法に基づく点検を計画的に実施しており、安全上の問題はありません。

KDDIは、今回の事象を受け、届出対象設備の精査を行うとともに、早期解消に向けて、所轄の労働基準監督署の指導に基づき順次対応を進めていきます。

  • 注)
    燃料タンク他の設置・変更を行う場合、労働災害防止のために、その計画を当該工事開始日の30日前までに労働基準監督署へ届け出ることが規定されています。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。