メニューを開く
検索エリア

KDDIとデータセクションによる資本業務提携について

このページを印刷する

~SNSビッグデータとAI画像解析を用いた分析ソリューションの提供にむけて~

  • KDDI株式会社

2018年7月10日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下KDDI) は、データ分析事業を展開するデータセクション株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 林 健人、以下データセクション) と資本業務提携契約を締結しました。KDDIは、2018年7月13日にデータセクションの発行済み株式の約18%を取得する予定です。両社は、画像解析やSNS分析の解析ソリューションを提供していきます。

KDDIは、AI技術・ビッグデータ・IoTを活用した、お客さまの新たな課題やビジネスチャンスの発見、サービスの品質向上につながるソリューションを構築しています。その一環として、データ分析に関する子会社である株式会社ARISE analytics (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長 家中 仁、以下ARISE analytics) を設立するなど、データ分析領域に関するアセットの強化に取り組んでいます。

データセクションは、2000年7月の創業以来、データの解析事業を中心に展開しており、不適切な画像のフィルタリングを始めとするAI画像解析や、長期間にわたるSNSデータを用いたソーシャルメディア分析の事業を展開しています。また、これらのAI技術に関する知見を活かし、効率的かつ短期間でAI開発を可能にするプラットフォーム「MLFlow」の開発を行っています。

今回の資本業務提携により、KDDIとデータセクションは、「MLFlow」を活用した高度な画像分析ソリューションや、さまざまなレピュテーションリスクが判定可能なSNS分析ソリューションなどを活用し、IoTや5Gの時代に必要な共同ソリューションの開発を検討していきます。両社の今後の具体的な取り組みは、今夏オープン予定の「KDDI DIGITAL GATE」やホームページを通じて発表をしていきます。

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、ARISE analyticsなどKDDIグループが持つAI技術・ビッグデータ・IoT・5Gのソリューション企画・開発に関わるアセットと、データセクションが持つ画像解析・ソーシャルメディア分析に関わるアセットを融合することで、IoT通信からデータ活用サービスまでのトータルソリューションを提供することで、新しい体験価値を創造していきます。

<参考>

■KDDIの概要

  • (1) 商号
    KDDI株式会社
  • (2) 事業内容
    電気通信事業
  • (3) 設立年月日
    1984年6月1日
  • (4) 本店所在地
    東京都新宿区西新宿2丁目3番2号
  • (5) 代表者
    代表取締役社長 髙橋誠
  • (6) 資本金
    141,852百万円 (2018年3月31日現在)

■データセクションの概要

  • (1) 商号
    データセクション株式会社
  • (2) 事業内容
    SNSやビッグデータの分析ツールや開発コンサルティング
  • (3) 設立年月日
    2000年7月11日
  • (4) 本店所在地
    東京都渋谷区渋谷2丁目17番地2号
  • (5) 代表者
    代表取締役 林健人
  • (6) 資本金
    889百万円 (2018年3月末時点)

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。