メニューを開く
検索エリア

日本の通信やサービス開発技術、ノウハウをミャンマーへ。ミャンマーMPT職員の第1期人材育成プログラムを終了。

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2018年6月29日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、住友商事株式会社 (本社: 東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO: 兵頭 誠之、以下 住友商事) およびミャンマー国営電気通信事業体 (以下 MPT) と共同で、ミャンマーにおける通信事業を行っています。
KDDIは、2017年7月18日より、ミャンマーの通信サービスのさらなる品質向上やサービス開発を目指し、MPT職員の技術やスキル向上を目的とした長期研修プログラム (以下 本プログラム) (該当項目へジャンプします注1) を行い、2018年6月29日、約1年間の研修を終え、第1期生がミャンマーへ帰国しますのでお知らせします。

<左からKDDI 田中 孝司 代表取締役会長、第1期生4名、KDDI 髙橋 誠 代表取締役社長>

ミャンマーでは、スマートフォンの普及が進むに伴い、SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス) や動画配信サービス、コンテンツ利用のニーズが高まっています。MPTは2017年5月より高速データ通信サービスLTE+を開始 (該当項目へジャンプします注2) し、2018年5月には共通ポイントサービス (該当項目へジャンプします注3) を開始するなどサービス展開の強化を図っています。

本プログラムにより、第1期生は、ネットワークの企画・設計・建設・試験・運用など通信サービスのノウハウのほか、決済やコンテンツなどサービス領域に関する戦略の立案や開発手法を学び、帰国後は、本プログラムでの経験を生かした新サービスの立ち上げや運用手順の見直しなど、MPTの実務におけるさらなる活躍が期待されます。

今後、2018年秋頃より第2期生として4名の研修生を受け入れる予定です。

KDDIは今後も、住友商事およびMPTと共同で、ミャンマーのお客さま満足度向上に努めるとともに、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、ミャンマーの経済や産業の発展および国民生活の向上に貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

1. MPT職員 長期研修プログラム概要

MPT職員の応募者約200名の中から、MPT内での筆記試験および役員面接により選ばれた幹部候補生4名 (事業系2名、技術系2名) に対し、MPT側の要望に基づき、KDDIが企画した独自のプログラムで研修を実施。

  • 共通研修:
    KDDI事業概要やビジネススキル、日本語基礎などを学習
  • 事業系研修:
    事業系の各事業部を回り、各事業詳細を学習
  • 技術系研修:
    研修生が各々選択したテーマに沿って、企画・設計・建設・試験・運用の一通りのサイクルを学習

<研修イメージ>


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。