メニューを開く
検索エリア

KDDIとODG、xR技術を活用したスマートグラスの企画・開発で戦略的パートナーシップを締結

このページを印刷する

~5G時代を見据え、さまざまシーンで時間と空間を超える体験を共創~

  • KDDI株式会社

2018年4月26日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、5G時代における新たなコミュニケーションシーンの創出に向けて、ODG (Osterhout Design Group 本社: 米国カリフォルニア州サンフランシスコ市、CEO: Ralph Osterhout、以下 ODG) と日本国内におけるxR技術を活用したスマートグラスの企画・開発を共同で推進する戦略的パートナーシップを締結したことをお知らせします。

KDDIは、今後の5G普及がもたらす変化を見据え、xR技術による時間と空間を超える体験の創出に向けて、2018年6月以降、日本国内においてさまざまなパートナー企業とともにスマートグラスを活用した実証実験を推進します。
今回締結した包括的パートナーシップにおいては、ODGが開発した「R-9」をベースに、KDDIが国内利用に向けた対応をサポートします。また、日本人が着用しやすいデザインへカスタマイズし、日本国内向けのスマートグラスとしての可能性について、実証実験を通じて追求していきます。今後の実証実験で使用するスマートグラス「R-9」は、米国クアルコム (本社: 米国カリフォルニア州サンディエゴ市、CEO: Steve Mollenkopf、以下 クアルコム) 製のチップセットSnapdragon (TM) 835を搭載し、単体での位置トラッキング (利用者の動きに追随) にも対応したAR・VRアプリケーションを利用できます。さらに、50°の広い視野角に加えて、ハリウッド映画などの映像再生クオリティを認証する「THXディスプレイ規格」をスマートグラスで初めて取得した表示性能で高画質ビデオの視聴も可能です。

さらに両社は今後、現在搭載しているWi-Fi通信機能に加え、スマートグラスでセルラー通信を可能とするモデム機能の搭載に向けて、クアルコムと検討を進める予定です。

新規ウィンドウが開きますスマートグラス動画

今回の戦略的パートナーシップ締結にあたり、KDDI 商品・CS副統括本部長の山田 靖久は、次のように述べております。
「当社は、5G時代を見据え、世の中を楽しくするために、『通信とライフデザインの融合』を推進しています。その過程において、xRは欠かせない技術だと考えており、今回、ODGとのパートナーシップを通じて、お客さまが"ワクワク"する体験価値を創造していきます。今後も、あらゆる分野において、パートナー企業とともにxR技術を活用した実証実験を通じて、5G時代における新たなビジネスモデルの共創を推進していきます。」

また、ODGのCOOであるピート・ジェイムソンは、次のように述べております。
「スマートグラスは日本で近く大きな市場になるでしょう。我々は、世界における大手通信会社のひとつでもあるKDDIと、この領域で次世代のモバイルコンピューティングの実現に携われることを大変光栄に思っております。」

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、xR技術を活用した5G時代における新たなコミュニケーションシーンの創出を推進し、新しい体験価値を創造していきます。

1. 包括的パートナーシップの概要

  • 日本市場に向けたスマートグラス製品の共同企画・開発の推進
  • 日本国内のパートナー企業との実証実験の推進

2. スマートグラス「R-9」の主な特長

  • 重さ約181g (6.4オンス)
  • 50°の広い視野角
  • シネマワイド22:9と16:9表示に対応
  • デュアルステレオカメラ搭載
  • 約1,300万画素のフロントカメラ搭載
  • クアルコム製Snapdragon (TM) 835搭載
  • 6DoF (Six Degrees of Freedom) 対応 (該当項目へジャンプします注1)
  • SLAM (Simultaneous Localization and Mapping) 対応 (該当項目へジャンプします注2)

スマートグラス「R-9」

3. 実証実験の概要

KDDIは、スマートグラス向けの映像サービスの提供を目指し、2018年夏に期間限定で、日本航空株式会社 (本社: 東京都品川区、社長執行役員: 赤坂 祐二、以下 JAL) と連携して、空港ラウンジにおいて、スマートグラスを利用した映像視聴に関する実証実験を行います。

本実証実験では、羽田空港国際線ターミナルのJAL国際線サクララウンジ・スカイビューにおいて、ご希望されるお客さまにスマートグラスを貸し出します。お客様は、スマートグラス越しの目の前に広がる大きなスクリーンで、複数種類の映像をお楽しみいただきます。

KDDIは、本実証実験を通じて、ラウンジでの新たな過ごし方の提案を行い、今後、映像をはじめとしたエンターテインメントの新たなユースケースの可能性を検討して、より多くのお客様にその付加価値を体験いただく機会の提供を目指してまいります。

■各社の役割

  • KDDI:
    スマートグラスデバイス、スマートグラス向け映像視聴アプリおよびコンテンツの提供
  • JAL:
    スマートグラス向け映像視聴サービスの企画、オペレーション
  • 注1)
    3次元空間における移動自由度
  • 注2)
    各種センサーから取得した情報から、自己位置推定と地図作成を同時に行うこと。
  • 社名および商品名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。