メニューを開く
検索エリア

IoT、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を今夏にオープン!

このページを印刷する

~課題発見、プロトタイプ開発、ビジネス検証を迅速に実行。企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援。~

  • KDDI株式会社

2018年4月5日

KDDIは、お客さまとともに、新たなビジネスソリューションを創出するIoT、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を2018年夏、東京 虎ノ門に開設します。

近年、デジタル・トランスフォーメーションにより、ビジネス拡大のためのIT活用が進むなか、企業では意思決定のスピードアップや効率化が求められています。「KDDI DIGITAL GATE」は、KDDIの専門チームに加え、高度な専門性を持つパートナー企業で構成されるプロフェッショナル集団との共創により、「気づく」「創る」「学習し改良する」を迅速に行い、お客さまとともに市場価値の高いサービスをいち早く社会に提供することを目的としています。

施設イメージ

「KDDI DIGITAL GATE」は、IoT、5G、AR、VR、AIによる高度なデータ分析ソリューション、クラウドコンピューティングなど、最先端のテクノロジーによって実現されるさまざまなソリューションを体感いただけるスペースをはじめ、デザイン思考によって潜在的な課題や斬新なアイデアを創出する共創ワークショップスペース、さらに、アジャイル開発手法によって迅速にプロトタイプ開発が可能なスペースを有します。
また、100人規模の収容規模を持つセミナースペースや、お客さま企業、パートナー企業、スタートアップ企業、技術者、デザイナーなど、企業の規模、業種、業態などにとらわれず、さまざまな人が出会い、交流できるオープンスペースも設置予定です。

「KDDI DIGITAL GATE」の特長

  • (1)
    デザイン思考型のワークショップとアジャイル開発による高速プロトタイピング

    デザイン思考型のワークショップやプロトタイピングを通じて、サービスの利用者となるエンドユーザーの体験を分析し課題を発見するとともに、最先端のテクノロジーを用いて、それらを解決するソリューションをデザインし検証します。
    また、ワークショップで生み出したソリューションを、素早くスモールスタートで構築し、検証と改良を迅速に繰り返すアジャイル開発によって、短期間で効率的なプロトタイピングを実施します。

    デザイン思考ワークショップスペース 開発スペース

  • (2)
    IoT、5G時代におけるビジネスに不可欠なパートナーとのコラボレーション

    専門的なテクノロジーを有するプロフェッショナル集団とのコラボレーションにより、短期間で先進的なビジネスソリューションの構築をワンストップでサポートします。

  • (3)
    "感じる" "気づく" "出会う"を生み出す体感スペースとオープンエリア

    IoT、5G、AR、VR、AIを活用した高度なデータ分析ソリューション、クラウドコンピューティングなどによって、さまざまな課題を解決に導くソリューションを具体的な事例を用いて体感いただけるプログラムを用意します。
    また、オープンエリアでは、KDDIが主催するビジネスセミナー、各種イベントに加えて、各分野に精通したプロフェッショナル集団による魅力的なセミナーや交流会も開催予定です。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、IoT、5Gをはじめとするさまざまなテクノロジーを活用し、お客さまやパートナー企業さまとともに、新しい体験価値を創造していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。