メニューを開く
検索エリア

国内通信事業者初!「5G」時代のネットワーク構築、運用効率化に向けLinux Foundation Networkingに参画

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2018年3月29日

KDDIはこのたび、オープンソース実装による仮想ネットワーク構築・運用プラットフォームとして業界標準の地位を確立しつつあるONAP (Open Network Automation Platform) などの開発プロジェクトを運営するLinux Foundation Networkingに国内通信事業者で初めて参画しました。

次世代移動通信システム「5G」時代に向けたネットワーク構築・運用にはオープンソースソフトウェアの活用が重要性を増していきます。

KDDIではこれまで「auでんき」や「au HOME」など、オープンソースを活用した内製開発の推進、人材育成を始めとする組織体制構築、OpenStackなどのオープンソースコミュニティでの活動を行ってきました。

KDDIは本参画により、オープンソースに関する取組みの幅を広げ、業界標準策定に貢献していくのに加え、「5G」時代に向けたネットワーク仮想化および、運用管理の自動プロセス化技術による効率的なモバイルネットワークの実現を目指していきます。

<用語解説>

  • Linux Foundation Networking
    Linux Foundation傘下の、6つのネットワーク関連のオープンソースプロジェクト (ONAP、FD.io、OpenDaylight、OPNFV、PNDA、SNAS) のプロジェクト運営を統合し、プロジェクト間のコラボレーションを活性化、プロジェクト運営の効率化、メンバーシップを簡素化することを目的に2018年1月に設立。
  • ONAP (Open Network Automation Platform)
    新たなネットワークサービスの迅速な導入と自動化、ライフサイクル管理を可能とする、オープンかつ標準準拠のアーキテクチャ策定と、そのプラットフォーム実装を推進するプロジェクト。2017年3月に設立され、50以上のネットワーク・クラウド事業者、サプライヤが参画。
  • OpenStack
    OpenStackはオープンソースのクラウドオペレーティングシステムであり、計算機、ストレージ、ネットワークリソースを制御することで、Infrastructure-as-a-Service (IaaS) としてこれらのリソースをユーザーに提供する。その開発プロジェクトは、2012年9月に設立されたThe OpenStack Foundationによって推進されている。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。