メニューを開く
検索エリア

KDDI、アイサンテクノロジー、ティアフォー 全国初、公道における無人自動運転車の遠隔制御に成功

このページを印刷する

1. 実証実験概要

  • (1)
    目的

    バスやタクシーなどが自動運転化されていく時代において安全な運転を実現するためには、走行状態を監視し、危険が生じた際に遠隔での車両制御を実施することが必須条件となっており、無人の走行車両の遠隔制御実験を行うことで、遠隔制御の技術要件やネットワーク要件を検証していきます。

  • (2)
    内容

    遠隔制御が可能となる制御卓と自動運転車両を通信システムでつなぎ、運転席が無人となる、レベル4自動運転を実証しました。従来、運転者が走行中に目視で認識する情報に対し、操作者が車載カメラと監視システムを利用し遠隔監視を行いました。
    ハンドル、アクセル、ブレーキは自動的に制御され、車両が出発地から目的地まで自動運転を行い、衝突などの危険を察知した場合には、遠隔操作者等が緊急停止の措置を講じるデモンストレーションを行いました。

  • (3)
    実験車両

    車両: トヨタエスティマ
    事前に作成した高精度3Dマップを用い、LiDAR (ライダー) で周囲を検知しながら決められたルートを走行しました。

  • (4)
    期間

    2017年12月14日

  • (5)
    場所

    愛知県額田郡幸田町の一般公道

2. 各社役割

KDDI: 4G-LTEネットワークと、車載通信モジュール、および遠隔管制卓とクラウドシステムをつなぐ通信システムの提供

アイサンテクノロジー: プロジェクトの全体統括と、自動運転車両および環境計測データの制御フィードバックに関する技術開発、高精度3次元地図 (Adasmap) の作製

ティアフォー: 自動運転車両の制御用ソフトウエア開発、および遠隔監視・遠隔制御用操作システムのソフトウエア開発


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。