メニューを開く
検索エリア

世界で初めて「5G」を用いた走行列車での8K/4K映像伝送、連続ハンドオーバー実験に成功

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2017年12月1日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下、「KDDI」) は、東日本旅客鉄道株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 冨田 哲郎、以下、「JR東日本」) と共同で、2017年10月17日から19日にかけて、第5世代移動通信システム (以下、「5G」) を用いた走行列車での8K/4K映像伝送実験を実施し、世界で初めて (注1) 成功しました。

この実証実験では、約1.5kmの区間に28GHz帯の実験システムを用いたエリアを構築し、JR東日本の在来線試験電車「MUE-Train」(注2) を走行させ、5Gの高速・大容量、低遅延 (注3) の特性を活かした先頭車両の4Kカメラでの高精細映像の送信、および車内での8K映像ストリーミング受信に成功しました。
また、MUE-Trainを上下線それぞれの方向に時速約100kmで走行させた状況において、連続したハンドオーバー (注4) に成功しました。

本実証実験は、28GHz帯を用いたビームトラッキング (注5) 技術を用いて実施し、走行中において最大1.7Gbpsのスループットを達成しました。

走行列車での実験風景

実験イメージ

先頭車両の4Kカメラ

  • 注1)
    世界で初めて: 2017年12月1日時点。サムスン電子調べ。
  • 注2)
    MUE-Train: 様々な試験を効率的に実施するためのJR東日本の在来線試験電車。
  • 注3)
    低遅延: ネットワーク上の伝送時間が短い状態。
  • 注4)
    ハンドオーバー: 受信側の移動に合わせて接続基地局を変更する技術。
  • 注5)
    ビームトラッキング: 受信側の移動に合わせてビームの向きを変える技術。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。