メニューを開く
検索エリア

KDDI・ウェザーニューズ、モバイル通信ネットワークを活用したドローン事業で業務提携

このページを印刷する

~「スマートドローン構想」実現に向け、ドローン向け気象情報を活用~

  • KDDI株式会社
  • 株式会社ウェザーニューズ

2017年11月29日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI) は、株式会社ウェザーニューズ (本社: 千葉県千葉市、代表取締役社長: 草開千仁、以下 ウェザーニューズ) と、さまざまな分野でモバイル通信ネットワークにつながるドローンの活躍を期待する「スマートドローン構想」の実現に向け、業務提携を締結しました。両社は、ドローン向け気象予測情報の提供や、基地局に設置した気象観測システム「ソラテナ」の活用に向け、準備を進めてまいります。

ドローン用気象予測イメージ

KDDIは、2016年12月、株式会社プロドローン (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 河野雅一、以下 プロドローン)、株式会社ゼンリン (本社: 福岡県北九州市、代表取締役社長: 髙山善司、以下 ゼンリン) と、2017年3月には、株式会社テラドローン (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 徳重徹、以下 テラドローン) と4G LTEに対応した「スマートドローンプラットフォーム」の開発について業務提携しました。

一方、今後ドローンによる長距離自律飛行を実現するためには、ドローン飛行開始前に飛行予定ルートの気象予測を基に飛行可否の判断を行い、さらに、飛行中においても安全運航の妨げになる突風や豪雨、霧などの正確な情報を迅速に把握し、着陸可否判断やルート変更を行う必要があります。
KDDIとウェザーニューズは、これまでも、全国約3,000の基地局を活用した気象観測システム「ソラテナ」を共同提供しています。両社は、今回の業務提携により、スマートドローンの運航管理システムにウェザーニューズが保有する高精細な気象情報を搭載していきます。これにより、スマートドローンが4G LTEネットワークを通じてリアルタイムで高精細な気象情報を基に、より安全なドローンの自律飛行の実現を目指してまいります。

今後もKDDIは、さまざまなモノがインターネットを通じてつながるIoT時代において、ドローンがモバイル通信ネットワークにつながり、設備点検や農業支援、災害救助など、さまざまな分野で活躍する「スマートドローン構想」を推進していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。