メニューを開く
検索エリア

世界初、KDDI「スマートドローン」がモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功

このページを印刷する

~100m以上の高低差を自動判別し約6.3kmの長距離飛行を実現~

  • KDDI株式会社

2017年11月29日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI) は、新潟県長岡市の協力のもと、4G LTEのモバイル通信ネットワークを活用し (注1)、「3次元地図」、「ドローンポート」を用いた「スマートドローン」の完全自律飛行実験を実施しました。実験の結果、離陸地点から、自動充電可能な「ドローンポート」を経由し、錦鯉を養殖する棚池での薬剤散布後に着陸地点に帰還するまでの総距離約6.3kmの長距離飛行に世界で初めて成功 (注2) しました。

KDDIは、モバイル通信ネットワークを活用した、スマートドローンによる安全な長距離自律飛行が可能となるインフラの構築を目指しています。本実証実験は、そのために必要な「3次元地図」による安全な飛行高度の設定と、「ドローンポート」による自動充電に関する実験であり、これらを活用することで、ドローンの長距離自律飛行が技術的に可能であることを確認できました。

3次元地図 ドローンポート 棚池の薬剤散布

新規ウィンドウが開きます実証実験の様子はこちら

本実証実験で用いた「3次元地図」は、モバイル通信ネットワークを活用した安全なドローン飛行を実現する「スマートドローンプラットフォーム」の開発について業務提携した、株式会社ゼンリン (本社: 福岡県北九州市、代表取締役社長: 髙山善司)、株式会社テラドローン (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 徳重徹) と共同で開発しました。ドローンの自律飛行に「3次元地図」を用いることで、安全な飛行高度を自動設定します。山や丘など地形の高度差や、ビルなどの障害物を把握可能とし、今回の実験では100m以上の高低差の自動判別に成功しました。

また、本実証実験で用いた「ドローンポート」は、株式会社プロドローン (本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長: 河野雅一) が開発した画像認識による自動着陸機能により、目的の場所に正確に着陸し、自動充電を開始します。これにより、ドローンポートを介しての長距離飛行が可能になります。

実証実験概要図

本実証実験を行った新潟県長岡市山古志は、錦鯉発祥の地であり日本有数の錦鯉養鯉地です。こまめな給餌や寄生虫除去のための薬剤散布、いけすの管理や保守など手間がかかります。特に、美しく大きな錦鯉を育成するために欠かせない寄生虫除去の薬剤散布は、棚池をボートで満遍なく移動しながら散布するため、時間と労力がかかるという課題があります。
モバイル通信ネットワークと「3次元地図」を用いた長距離自律飛行が可能なスマートドローンにより、散布場所を設定するだけで、高度を自動設定し、効率的な農薬散布を行うことができます。

今後、この技術を用い、モバイル通信ネットワークを活用したスマートドローンの長距離自律飛行インフラが整理されれば、農地監視や農薬散布などの農業分野だけではなく、地形や設備の測量、施設の警備、災害状況の把握、遠隔地への配送など、さまざまな分野での活用が期待されます。

「4G LTE運航管理システム」、およびKDDIのスマートドローンへの取り組みの詳細は、新規ウィンドウが開きますスマートドローンHPご参照ください。

新規ウィンドウが開きますスマートドローン構想についてはこちら

参考: Time&Space
新規ウィンドウが開きます「起伏のある土地でも自律飛行が可能に! 3次元地図と通信が広げるドローンの未来」

参考: KDDIにおける「スマートドローン」構想の進捗について

時期内容
2016年12月 「スマートドローンプラットフォーム」構想発表
2017年3月 「4G LTE対応運航管理システム」開発完了
2017年5月 4G LTE対応「スマートドローン」、完全自律飛行に成功
2017年10月 「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」提供開始
2017年11月 4G LTE対応「スマートドローン」、3次元地図を活用した完全自律飛行に成功
2018年2月 (予定) 近畿日本鉄道・キヤノンMJとドローンを活用した鉄道災害時の情報収集の実証実験を開始

<注釈一覧>

  • 注1)
    ドローンの制御やデータ伝送には通常は2.4GHz帯 (ISMバンド) を利用しますが、LTE通信モジュールをドローンに搭載する場合は、既設の無線局等の運用等に支障を与えない範囲で、当社が実用に移す目的で試験的に開設する無線局 (実用化試験局) として利用します。また、ドローンの飛行は実用化試験局の試験計画に基づき実施しています。
  • 注2)
    テラドローン調べ。モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用し、充電ポートへの自動離発着を含む完全自律飛行として初。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。